リレーコラムについて

お気楽お習字

松塚しのぶ

フリーの女性コピーライター6人が集っては、
飲んだり食べたりおしゃべりしたりの、
時々ストレス発散会をしています。
去年、岡田尚美ちゃんの事務所で、お好み焼き&ビール
パーティをしたとき、突然、「お習字したいね」という
話題が飛び出して、高田美子さんが「お友だちに先生が
いるわよ」ということになり、「じゃあ、習っちゃおう」と
トントン拍子に決まって、月に一回お習字の会を
始めました。これがね、楽しいの。

自慢じゃないけど、小学校以来、墨なんかすったことが
なかった私。でも、この香りがいいのよねえ。
すりすりしながら、思わず深呼吸。
高宮先生という私たちの先生は、メチャクチャ褒め上手で、
ひらがなの「いろは」から始めた私たちに、
花丸いっぱいくれちゃうんです。
もうホント、お習字界のコイケ監督。
仕事でこの頃あんまり褒めらないからかなあ。
なんか顔がゆるんじゃってるかも。

会の名前は、ちょっと照れちゃう「なでしこ会」。
尚美ちゃんがドラマの「大和撫子」を見ていてパクった名前
なんですけどね。いやあ、仕事以外で私たちひとりも
ネーミングにアタマ使わなかったもんね。

実は、今日がその「なでしこ会」の日でした。
毎月、早いなあ、もう一ヶ月経っちゃった。
また、いちどもお稽古しなかった、と思いつつ
参加するというスタイルでして。なのに、どんどん進んじゃう。
久しぶりに参加した広沢理恵ちゃんなんて、
もうビックリしちゃってました。
ホントお気楽で、なんだかこれからも続きそうです。

会が終わると、近くの居酒屋でのお疲れさま会へ大突入。
ひょっとして書道より、そっちのほうが長いかもかも。
本日はワインをたらふくいただきました。
またまた飲みすぎちゃった私であります。

ふぅー。では、また、明日。

NO
年月日
名前
5010 2020.10.31 千の風になって
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
  • 年  月から   年  月まで