リレーコラムについて

世界と戦う名古屋と日本。

中尾孝年

人間やればできるもんで、遂に最終回に辿り着きました。

僕が最後に紹介する人物は…

そう「僕」です。すんませんね。
と言うことで、今回は僕がTCC会員のみなさんに伝えたい思いを書きます。

TCCって日本の広告界の最高峰やったりするでしょ。
当然、日本を代表するスタークリエーターの方々も多数所属してはる。
そんなTCCのコラムやからこそ、あえて言いたい事があるんです。

最近、「日本の広告には、欧米人には分からない良さがある」とか
「カンヌだけが広告じゃないから、自分たちのやり方をもっと評価しよう」
みたいな風潮が一部であるやないですか。
しかも、それをスタークリエーターの人達が言うてはったりする。
メチャメチャ残念なことやと思うんです。

スタークリエーターってサッカーで言うたら日本代表でしょ。
日本を代表する人には、
日本の代表として世界と戦い、世界を倒す使命がある。と思うんです。

本気で倒そうとする。

そのための死にものぐるいの努力や試みが、
日本のレベルを向上させ、やがて世界と対等に戦う日本を築きあげる。
サッカーではできてることやのに…。

だから、僕らTCC会員は世界に背を向けたらアカン。って強く思う。

わざわざ苦戦を強いられる世界を相手にせんでも
TCCの中で頑張って、有名になれば何不自由なく日本の広告界で生きていける。
それほど権威があって、魅力的で、素晴らしいTCCという組織。

だから、僕らTCC会員はあえて世界と勝負せなアカン。と思う。

居心地のよさに甘えんと。
日本の最高峰に所属するメンバーとしての、誇りと責任を胸に。

絶対に
「日本の広告は、海外とは違うから」なんて言わんといて欲しい。
「野球とベースボールは違う」って言う人は、
決してメジャーリーガーに成れへんから。

だから、TCC会員のみなさん。
世界を本気で倒しましょう。
ブーイングは、もうたくさんやしね。

まだまだ若造の遠吠えやけど
僕も本気で倒しにいきます。

転勤した関西で出会う、新しい仲間達と一緒に。

名古屋で出会った、素晴らしい仲間達と一緒に。
そう、このコラムで紹介した僕の最高の仲間達と一緒に。

次回のコラムは
大学も出身地も職場も同じ、さらに関西への転勤も一緒。
僕の心の友、8/31まで電通中部支社の中澤昌樹くんです。

NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで