リレーコラムについて

タクシーの名言

谷山雅計

どうも、はじめまして。今週のコラムを担当する谷山です。

いちおう簡単に自己紹介をしておきますと、現在38歳のフリーのコピーライターでして、最近の主な仕事は、新潮文庫の「yondaキャンペーン」とか、日本テレビの「日テレ営業中」「日テレ式」、セガの「せがた三四郎」、豊島園の「野村さちよの水着」とか、まあ、そんな感じです。

で、じつは、わたしは「コピーライターのくせに、筆無精である」という、星飛雄馬の「おまえの球質は軽い!」なみの致命的欠陥をかかえてまして、はたして一週間コラムを無事に書き続けることができるのか、不安でしょうがないのですが、まあ、なんとかなるでしょ的に見切り発車でいきたいとおもいます。

で、はなしは突然とぶんですけれどね、3日まえほどにタクシーに乗ったのですが、そのときの運転手の話が…

とここまで書いたところですみません、突然、某代理店CDから緊急打ち合わせのおよびがかかってしまいました(ほんとうに)。いきなりしりきれでごめんなさいなのですが、このつづきはまたあした。ああ、ほんっとにごめんなさい。

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで