リレーコラムについて

続・タクシーの名言

谷山雅計

「続」とかいってますけれど、昨日は何にもはじまってなかったですね。ごめんなさい。

で、先日タクシーに乗ったときの話しなんですけどね、運転手のひとが不思議というか、ずいぶんおもしろいことを言う。

あの、いま、スペースシャトル飛んでますよね。エンデバー号。毛利さんがまた乗っている。あれについて突然話し始めたわけです。

「お客さん、エンデバーって飛んでるじゃないですか。どのくらいのところを飛んでるか知ってます? 地上から300キロ上空の宇宙なんですよ。でも、300キロっていったら近いよね。私の車とばしたら、2時間ってところだね。」

いや、運転手さんそりゃスピード違反でしょうとおもいつつ、たしかにいわれてみたら、300キロってかなり近い。ご近所。

「お客さん、宇宙ってのは名古屋より近いんですよ」

なるほど。いや、いままでまったく気づいてなかったです。私はペプシの「宇宙へ行こう」にかなり驚いたくちなのですが、そう考えてみるとあれって「浜松へ行こう」とか「豊橋へ行こう」とかその程度のことだったわけですね。「そうだ京都いこう」には、距離的にみて完璧に負けてます。

というわけで、個人的にですが、たいへん印象に残った「宇宙は名古屋より近い」の話しでした。

運転手さん、すごい発見。コピーライターに転職したほうがいいですよ。

  • 年  月から   年  月まで