リレーコラムについて

虫になった私

斉藤賢司

腰痛が爆発してしまいました。
運動部でもないのに高校の頃から悩まされていた腰痛。数年ぶりの大爆発。
ウソです。
「爆発」という豪快な、迫力あるイメージではないですね。実際は。
背骨の底のほう、骨と骨の間に錆びついた古クギを、1本、2本、3本、4本…。
ぎりぎりぎりぎりと打ちこんだ感じ。陰湿。悲惨。最悪です。

さすがにたまらず針に行ってきたのですが、いや不思議。
なんなんでしょうあの感じは。
何度打ってもらっても、
「昆虫採集された虫はこんな気分なんじゃないか」って思うんですよ、僕。
うつぶせで背中じゅう針打たれて、
ツボにはいってるもんだから1ミリも身動きできない。
腰の張りが広がって、お尻の脇まで痛みが広がってたんですが、
そこに打たれた瞬間、思わず「はうっ!」って声あげてしまいました。
状況を再現すると…。

先生「ほーら、お尻のここ」
私「はうっ!」

…カーテンで仕切られた隣りのベッドで女性が治療うけてまして、
なんだかもう、赤面してしまいました。

92年のTCC年鑑でヘルスってテーマがありましたが、
こうなるともう何も考えられなくて。
あらためて「コピーって体で考えてるんだよな」と思います。
やっぱり、体から生まれた言葉が一番強いもんな。

*****

というわけで、今週を担当する斉藤賢司です。
「今週」といっても前任の田中君が
性格通りのまじめさで昨日まで書いてくれたので、
あっという間のお別れとなると思いますが…。
どうぞよろしくお願いします。

NO
年月日
名前
5175 2021.09.27 角田 奈菜 字が美しくても、
5174 2021.09.27 荻原 海里 1番短い物語
5173 2021.09.24 荻原 海里 大吉先生
5172 2021.09.24 荻原 海里 頭の中に、にょろっと。
5171 2021.09.20 荻原 海里 人生の答え合わせ
  • 年  月から   年  月まで