リレーコラムについて

さいきんの仕事

武藤雄一

最近の仕事の中で「これはいいコピーを書けたな」っと思える
仕事が1つあります。それは、ある歌のCDのコピーです。
沖縄のさとうきび畑を題材に戦争のことを歌っている歌です。
「全然お金はないんだけど、コピー書いてくれませんか」
そう言われて、東京のド真ん中のレコード会社の大きな
オフィスの中ではじめてその歌を聴きました。小説のように
長い歌でした。歌っている歌手は有名な実力派の女性です。
その歌はとても古く30年以上前にできた歌なのですが、その頃
から彼女は歌い続けているのでした。
聴き終わったあとに僕は「この歌を沖縄のさとうきび畑の
中で聴きたいです」という言葉を言っていました。
それからすぐに僕は沖縄へ行きました。沖縄の人に聞くと
「この歌のようなあたり一面さとうきびという風景はもう
 沖縄本島にはない」と言われました。本島のさとうきび畑は
小さな野原見たいで向こうにすぐに家や他の植物が見えまし
た。そんな風景の中でその歌を聴いて、何本かのコピーが
できました。そうして東京に戻って、レコード会社のディレ
クターにコピーを見てもらいました。「すごくいいですね」
彼はそう言ってくれました。コピーはレトリックも使って
ない、まるで普通で素直なコピーです。でも沖縄に行かなけれ
きっと書けなかったコピーです。しかし残念なことにその
コピーは会社の上の人達のある事情で、世に出られなくなって
しまいました。だから、一生誰も見ることのできないコピーで
す。ちなみにどんなコピーだったかというと、やっぱりご
紹介するのはやめます。やっぱり世に出なかったコピーはコ
ピーじゃありませんから。

  • 年  月から   年  月まで