リレーコラムについて

年初だから気が付いたこと(4)

木下一郎

普段は行かないと思うのですが、
年初だとまあいいかと行ってしまうところもあります。

イルカ、シャチ、セイウチ、トド、アシカ、ベルーガ、マンボウの順に
見せていただきましたが、
はっきり言って「鴨川シーワールド」はすごい!

1.イルカ、シャチ
 
 この動物は賢いことで有名ですが、
 驚くほど高く水面上に飛び上がる。
 不覚にも思わず拍手してしまった。
 せいぜいこのくらいの高さかと思うと、
 イルカは期待を裏切って、その倍くらい飛び上がる。
 私がプレゼンでクライアントの期待を裏切るのとはわけが違う。
 (冗談ですよ、ホントに)
 バンドウイルカだそうだが・・、坂東英二さんっていましたね。
 このイルカの芸の素晴らしさは然ることながら、
 イルカ使いのお兄さんのカッコよさと言ったらない。
 指図する時の手の動きは「忍者舞台月光」(古い)
 素早い体の動きは「仮面ライダー」(また古い)
 カッコいいし、笑える。
 イルカショーを見飽きた方には、こちらのお兄さんをお勧めしたい。

2.セイウチ、トド
 
 この二者のダレた動きは本当に人間っぽい。
 セイウチは仰向けになって、自分の顔とお腹をピシャピシャ叩いている。
 こういう人縁側で見たことある。
 トドがプールから上がる後姿は、何と僕が風呂から上がる後姿に似ていた。
 (なぜわかる?!)

3.アシカ
 
 この日はアシカの芸ではなく、さりげない動きに笑わされた。
 歩くと遅いアシカがタイルの上を、腹這いで滑る姿が笑える。
 ほら、やりませんでした?
 学生の頃ワックスでテカテカの廊下を、腹這いで滑って距離を競う遊び。
 (私は変わってるのかなぁ・・・)

4.ベルーガ
 
 昔はいませんでしたね、こういう愛らしいやつ。
 ヤマハのスクーターに同じ名前があったけど。(古すぎ)
 色白で輪っかを吹くやつ。
 海のカナリアって言うの?
 何言ってんのよあんた、なんかあれじゃなぁい?
 (何故マツコデラックス?)
 
 その他、まっすぐスローモーションのように泳いで、
 壁にぶつかっても、まだまっすぐ泳ごうとするマンボウ君・・。
 (可哀そうだったので君をつけました)  

・・というように、「鴨川シーワールド」はすごい!侮れません。

私も「鴨川シーワールド」のように侮れない人になりたい!(?) 
そう思った年初でありました。

年初というやつには驚かされるとつくづく思った木下一郎。
  

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで