リレーコラムについて

2000年12月、カニの解凍に成功。

吉永淳

電通の西橋くんからバトンタッチされて、
今週1週間を担当する吉永淳です。

今日はカニの話をします。毛ガニでも松葉ガニでも、
クール宅急便などで送られてきたときは、
ほとんどカチカチの冷凍ですよね。あれ、どうやって
食べるのがいちばんおいしいのか、前からすごく
疑問だったんです。蒸すのがいいのか、自然解凍がいいのか、
そのまま鍋にぶち込んじゃうのがいいのか。
値段はけっこう高いものだから、失敗は許されない。

食通の友人の何人かに取材してみたところ、
北海道出身のAD及川晃くんの方法が最も説得力がありました。

「うん、あれね、自然解凍すると水分が旨味をたらたら
外に出しちゃって、パサパサになるんだ。オレもいろんな方法で
解凍したけどさ、電子レンジがいちばん。
まず、ペーパーナプキンを電子レンジの皿の上に2枚敷く。
そして、その上に冷凍のカニをそのまま置く。
それから、ここからがカンジンなんだけどさ、
サランラップをカニの上にヒラリと落とす。
密封しちゃいけないよ、ヒラリだよ、ヒラリ。
ヒラリと落としてカニの大きさに合わせて3〜5分レンジで
チンすればOK。浜ゆでのおいしさそのままだからさ。
やってごらん。」

というわけで、うちの事務所に来たとっておきのお歳暮、
「ごっつおう便」カニ5杯セットは、うちの奥さんの許可を得て、
事務所で解凍実験することになったのです。
まず毛ガニがその姿のまま電子レンジへ。サランラップをヒラリ。
スイッチを入れ、レンジの窓から見る解凍シーンは、
なかなか残酷なものでした。5分後につまみ喰いしてみると、
これがものすごくおいしい。カニの知らせに集まった
5人の友達は、マヨネーズ片手にあっという間に平らげてしまい、
残り4匹のカニたちも見事に胃袋の中へ消えていきました。
及川くん、ありがとう。今度、いいバーに連れていくね。

皆さん、もしカニが届いたら、お試しください。

NO
年月日
名前
5010 2020.10.31 千の風になって
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
  • 年  月から   年  月まで