リレーコラムについて

ぜろ・こんじぇ

呉功再

リレーコラム読者のみなさま、こんばんは。
呉功再(O KONJE)です。

さて、今日は名前ネタです。

とある仕事で、打ち合わせを極力減らして
スタッフ5人くらいでメールで密にやりとりしていたんですね。
で、ある日ぷっつりメールが来なくなったのですが
まあ、夏休みかなんかだろう、くらいに思っていたら、

僕のアドレス、
KONJE.O@〜 が
KONJE.0@〜 に なっていました。

まあ、わからんでもないです。
キーボードみたら

   0
  O

こんな位置関係だし。ちょっと中指が
発達した人なら100回に1回くらいは
押し間違えるかもしれない。

呉。O。お。 (声に出すときは「お-」ってかんじです)

苗字が一文字というのは、自分的にはかなり気に入っていて
韓国領事館にパスポート申請にいったときも
「アナタノ本当ノ英語表記ハ OHデスヨ、韓国的ニハ」と
言われても、
「いやいや。ずっとOでやってきたからそれはNO」と駄々こねて
世界一短い苗字「O」をゲットした私ですが、
(いまのところどの国にいっても珍しがられる)

数字が苗字ってのも悪くないなぁ。
とよからぬコトを考えたりして。

 はじめまして。コピーライターの「ぜろ」です。
 この商品の問題点を「ぜろ」にします。(キラリ)

すげー、ださい・・・。

                       おしまい

金曜日。最終回です。9月13日にバトンを渡されて、
その日のうちに2回書いたっぽく見えてますが気のせいです。
正直、なに書きゃいいんだ?と、困っていたのですが、
いざコラムを書くという頭になって暮らしてみると、
ふだんスルーしてることが意外とネタになることに
気づきました。(面白い読み物にできたかどうかはさておき)
この感覚、コピーを書く上で活かせるかもしれない。(やってよかった、リレーコラム)

お付き合いくださったみなさま、ありがとうございました。

バトンの行方
この2週間、千葉県生まれがつづいたので、次週は、他県の方に。
この9月に「POOL」を立ち上げた元博報堂の小西利行さんです。

  • 年  月から   年  月まで