リレーコラムについて

忘れてたけど、小西です。会社、変わりました。

小西利行

そういえば、先週の金曜ぐらい。
すごく酔っぱらっている時に呉から電話が来て、
小西さん、来週のリレーコラムを書いてください!
と言われ、その場で「もちろんだよ!はっはっは」と豪快に快諾したのを
きれいさっぱり忘れていた。

TCCからメールが来て、それに気づいて自分の記憶の不確かさを
嘆いたのが昨日、つまり火曜の夜。
ようやく書ける時間ができたと思ったら、ああ、もう水曜じゃないか!
話によるとリレーコラムは週ごとのリレーらしいので、あと3日しかない。
これは、困った。いやでも、少しうれしい。ふふふ。あ、いかんいかん。

本題。
僕は、8月31日付で、13年半もいた株式会社博報堂から独立し、
西麻布に広告とかをやる会社を設立した。
会社名は「POOL」。スイミングプールのプール。

自分の名前を会社名にすると、将来、誰かがこの会社に参加するときに、
ちょいと参加しにくいだろうなと思ったり、また、すごく意味の深い名前にすると、
説明するのに難しそうだなと思ったりで、結局、カンタンで気持ちのよい名前に
することにした。その結果が「POOL」。

代理店の営業のみんなが「POOL行ってきます!」と言って
出かけるのを想像すると、少し笑いがこみ上げるし、
「POOLに入りませんか?」という社員の勧誘もちょっと面白い。

最近、とても仲良くなったあるベストセラー作家さんは、
高い請求書を出しても「POOL代が高いなあ」と言って笑ってもらえるね、
と会社名のすてきな使い方を教えてくれた。

ちなみに、10月の中旬には、会社設立披露パーティー(っていう飲み会)、
通称「POOLびらき」を開催する予定。

POOLという会社名は、ありがたいことに、勝手に形を変え、増殖する性格らしい。

いつもネーミングをするときに思うが、
そうやって人の中に入って、勝手に流通を始める名前は、
もの凄く強いと思う。

箭内さんのクリエイティブ姓名判断でも「最高!」をもらったし、
自分でもいい名前にしたな、と思った。

という、もの凄い自己満足で終わろうかな、と思ったが、
正直、まだ、ちょっと恥ずかしい。
はっきり言って、会社名を言うとき、小さな声になる。

というわけで、
明日は、ネーミングの恥ずかしさについて書こうかな?

NO
年月日
名前
5307 2022.05.25 淺井勇樹 勝敗
5306 2022.05.24 淺井勇樹 偶然
5305 2022.05.23 淺井勇樹 言外
5304 2022.05.20 上島史朗 夏休みの自由研究と哲学対話
5303 2022.05.19 上島史朗 アイデアのパッキング術
  • 年  月から   年  月まで