リレーコラムについて

あなたとなら大和路。

田中真輝

仕事をしていて、
出身を聞かれることがあります。
「出身は?」
「関西です」
「関西の?」
「奈良ですけど」
「あー、奈良」
なんで!?「あー」って何よ!?
なにその半笑いの「あー」!
ちゅうか、なんで自分から「けど」とか言うわけ!?

ということで、今日は、1200年前がピークだった
我がふるさと、奈良について書きたいと思います。

ある人は、東京から移動して、最も時間がかかる
場所が奈良にある、と言いました。
ある人は、塩一俵で、山一つ買えると言いました。
ある人は、奈良では鹿に選挙権があると言いました。

そんなわけない!…と思いますけど。

確かに、奈良はアクセス悪いです。どうやって
いくのかわからん、と言われたこともあります。
でも、行けます。行こうという強い意志があれば。

そういえば、奈良にリニアモーターカーがくる!
という話はどうなったんでしょう。
僕が中学生の頃、盛り上がった記憶があります。
…デマですか?

それはさておき、そう、奈良の真の魅力は、
そのアクセスの悪さ、それに伴う地味さにあると
僕は思うのです。別に開き直る訳ではありませんが。

京都のお寺、タダで入れるところが幾つありますか?
その点、奈良は、大抵フリー!どこからがお寺で、
どこからが民家なのかさえ、判然としません。
お土産屋さんだって、完璧に放置プレイ。しつこい
客引きもない!そんな人手の余裕もない!
そして、勿論、アクセス悪いから、人気もない。
ニンキじゃないですよ、ヒトケですよ。

メジャーなイベントはさすがに多いですが、ふらっと
行けば、くらっとくるほど人いません。
まさに、わびさび。

なんて、多少オーバーですが、何が言いたいかって、
奈良の良さは1200年前から変わらない、観光地ずれ
しないところがある、ということ。
奈良盆地に沈澱したどよーんとした空気…じゃなくて
しっとりと息づく違和感…、違和感?
とにかく、何かあるんです、奈良には!以上!

NO
年月日
名前
5689 2024.04.12 三島邦彦
5688 2024.04.11 三島邦彦 最近買った古い本
5687 2024.04.10 三島邦彦 「糸井重里と仲畑貴志のコピー展」のこと
5686 2024.04.09 三島邦彦 直史さんのこと
5685 2024.04.06 中村直史 追伸
  • 年  月から   年  月まで