リレーコラムについて

信じられない!3

田中真輝

直川さんから、御紹介頂きました、田中真輝と申します。
ちなみに大の時は、ショベルカー方式を採用しております。

自分にとっては当たり前のことなんだけど、他人が驚くこと、
ありますよね。直川さんが魚の骨を全部、ばりばり食べちゃう
のには、僕は相当びびりました。
「これは、アカン」と言って出してらっしゃることもあるので、
ちょっと安心しましたけど。

僕の場合は、「カニを食べると頭が痛くなる」です。
カニを食べるときって、
「よし、今日はカニを食べさせてやろう!」
「まじっすか!わーい!」
みたいな状況であることが多いので、
「こんな立派なカニ、僕にはもったいないっス!」
などと言いながら、脂汗を垂らすことになります。
ほんと、もったいない。

カニのミが悪いのか、ほじくりだす手間が悪いのか、
三倍酢が悪いのか…、多分、僕が悪いのでしょう。

あと、「太陽をみるとくしゃみがでる」というのもあります。
これはもしかすると、結構市民権を得ているかもしれません。
出そうで出ない、そんな時には、お天道様!くしゃみ一発
気分爽快!…ないですかね…。

それと、これは多分、実はみんなやってるとは思うのですが、
「お雑煮に入ってるお餅は、一回出して、きなこをつけて食べる」
嫁は「ありえない」と言いますが、きっと嫁がおかしいだけなので、
あえて、世に問うてみました。

最後に、「おでこにつまようじがささる」というのもあります。
これは、きっと誰でもできます。ちょっと痛いだけです。
次の日、ちょっと膿むだけです。
カラオケなどで歌いながらさすと、結構、驚かれます。
ただ、あまりテンポの早い曲はお勧めできません。
前に、宇多田ヒカルの「オートマチック」でさしたときは、
「ヘルレイザー」のようになりました。

結局、オリジナリティって、そんなこと以上でも以下でもない
ことなんだなと思います。
太陽を見ながら、くしゃみをしていて、おでこにつまようじが
ささっている人をみかけたら、ほぼ間違いなく田中真輝です。
たまに他人のふんどしで相撲をとる癖もあります。

ということで、そんな田中が、今週一週間コラムを担当します。
どうぞ、よろしくお願いします。

NO
年月日
名前
5695 2024.05.20 諸橋秀明 コピーライターの未来について
5694 2024.05.09 諸橋秀明 新しいは、あらたしい
5693 2024.05.07 諸橋秀明 君の名前で僕を呼んで
5692 2024.04.21 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@ヘラルボニー
5691 2024.04.20 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@韓国の街中
  • 年  月から   年  月まで