リレーコラムについて

安藤寛志

寒い夏だった。
夏休みも終わる頃になって、
ようやく晴れた日が続いた。
娘を連れて、プールに出かける。
娘は流れるプールが好きだった。
浮き輪につかまり、
彼女は水の一部になる。
雲のない空。
行き先を知らない時間。
やがて、休憩を告げる監視員の笛が鳴る。
ぼくはプールサイドで浮き輪を枕にして寝転がる。
私も、と言って
娘が隣で目を閉じる。
しあわせと名付けるのもためらわれるような
小さく、静かなしあわせ。
だけど、あのとき確かにぼくは
このまま世界が消えてもいいと感じていた。
太陽の匂い。
夏が体にしみこんでゆく。
再び、笛が鳴り
娘はプールに飛び込む。
小学校を卒業したら、
こうしてここに来ることもないだろう。
娘の濡れた肩を見て、
ふいにそんなことを思う。
なぜだろう。
娘との思い出は生まれた瞬間に
悲しみへと変わってゆく。
あの夏は、もう、言葉の中にしかない。

安藤寛志の過去のコラム一覧

1120 2004.03.13 言葉
1119 2004.03.12
1118 2004.03.11
1117 2004.03.10
1116 2004.03.09
NO
年月日
名前
5068 2021.01.28 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/眉毛サロン
5067 2021.01.27 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/神社
5066 2021.01.26 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/デパート
5065 2021.01.25 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/電車
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
  • 年  月から   年  月まで