リレーコラムについて

安藤寛志

ジヨン・カーワン。アイルトン・セナ。成嶋竜。
テリー・ブラッドショー。リン・スワン。マッケンロー。
好きだったアスリートは、みんな勝利の瞬間さえどこか悲しげだった。
スポーツは死のリハーサルなのだ。
その甘美な世界は、ぼくにも扉を開いてくれるだろうか。
言葉が意味を失い、ただの肉体になれる一瞬に憧れて
一時期、極真の道場に通っていた。
その日のスパーリングの相手は
やがて全日本に出場することになる黒帯の先輩だった。
間合いを詰めようと数センチ動いた次の瞬間、
ぼくは顔面を覆い、呻いていた。
おそらく、右の上段廻し蹴りが鼻にヒットしたのだろう。
どうやって蹴られたのか。
その軌跡さえ、認識できなかった。
いま、いったい、何が、ぼくの体に起こったのか。
しなやかな蹴りが、ぼくを言葉の引力圏外へと弾き飛ばす。
恐怖と引き換えに肉体は世界から自由になる。

安藤寛志の過去のコラム一覧

1120 2004.03.13 言葉
1119 2004.03.12
1118 2004.03.11
1117 2004.03.10
1116 2004.03.09
NO
年月日
名前
5068 2021.01.28 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/眉毛サロン
5067 2021.01.27 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/神社
5066 2021.01.26 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/デパート
5065 2021.01.25 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/電車
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
  • 年  月から   年  月まで