リレーコラムについて

今昔物語 その4

二見龍男

昨夜、知人からFAXが届きました。
埼玉新聞の記事で、
見出しは「彩の国 落語大賞 柳家喬太郎さん」。
さいたま芸術劇場「十年百日亭〜若手落語家競演シリーズ」の
年間出演者の中から2001年度の大賞に選定されたとのこと。
リレーコラムの初日にも触れましたが、
柳家喬太郎は僕がもっとも注目している落語家です。
これまでにも「NHK新人演芸大賞」ほか数々の賞を獲得。
古典も新作もこなし、しかも自分で噺を創作するところが凄い。
4月20日まで(19日休み)、上野鈴本の夜席で主任を
つとめていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

(さて、昨日の続き…)
その広告代理店は僕の好きな銀座にありました。
6階建ての自社ビル。受付嬢がいる。ロビーがある。
電話交換手がいる。そしてなんといっても完全週休二日制!
残業もそれほどなく、あっても1時間1500円ぐらいの
残業代がもらえる。仕事もページものはほとんどなく、
90%は雑誌広告。入社してすぐに化粧品会社の見開き広告が
できたり、コピー年鑑で憧れていた製靴会社のシリーズ広告も
担当させられて幸せな日々を送れました♪
その製靴会社の雑誌広告でTCC新人賞に応募。
何度目かに準新人賞を受賞(いまでいうノミネート)。
当時は、審査員がどの作品に票を入れたのかが わかるシステム。
僕の作品に1票を入れてくれたタイムの鈴木康之さんに
震える手でお礼の電話をかけると
「遊びにいらっしゃい」というありがたいお言葉。
その翌年も、その次の年も準新人賞。

そうこうしていると、鈴木康之さんに「うちへくれば」と
声をかけられました。
鈴木康之さんといえば、「名作コピー読本」でもわかるよに
コピーの鬼。コピーチェックが厳しいと聞いている。
不安はありましたが、これは大きなチャンスだと
8年間勤めた代理店を退社することに。
はっきり言って収入は下がりました。 

(続く…)

NO
年月日
名前
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
  • 年  月から   年  月まで