リレーコラムについて

「手帳の人」につなぎます

タカハシマコト

コピーライターでメディアの方(西島さん)からバトンを受け取り、言葉とデータのお話をしてきた今週のリレーコラム。

初日にも書いたとおり、「コピーライターで自社メディアを運営している方」だと、大先輩・糸井重里さんも頭に浮かんだのですが、糸井さんといえば、『ほぼ日手帳』。手帳といえば、仲良しがいるぞ…

と連想しまして、来週のコラムは博報堂の後輩の佐久間英彰くんにお願いしました。コピーライターで発明家、今では『じぶん手帳』の生みの親としてもよく知られています。

領域を拡げようとするクリエイターの動きは、いつも気になります。佐久間、よろしくね。僕も読むのが楽しみです。

1週間おつきあいいただき、ありがとうございました。

NO
年月日
名前
5062 2021.01.20 三島邦彦 日本宴会芸学会
5061 2021.01.19 三島邦彦 言葉が鍛えられる場所
5060 2021.01.18 三島邦彦 阿呆の逃亡
5059 2021.01.15 嶋野裕介 セミになった妻
5058 2021.01.14 嶋野裕介 「PRコピー」の話❷ TCCにも「PRコピー部門」とかいかがですか?
  • 年  月から   年  月まで