リレーコラムについて

8キロ痩せた。その1

安田有美香

中途半端なデブだった。この33年間。
それがいけなかったんだと思う。
健康診断の結果では、あくまでも「標準体重」。
あだ名は「ぽっちゃりさん」とか「むっちりさん」止まり。
「尻」とか「ハム」とか直接的なものもあったけど。
(これ罵倒の言葉とかじゃなくて、
あだ名として普通に呼ばれて、きちんと返事してた!)
洋服は、ウエストきつめでもMサイズが入るし、
手首、足首は細いから、まぁいいかって本気出さなかったんだよね。

それが、痩せたんです、8キロ。

そしたら、とにかく寒い。冬が厳しいんです。
体脂肪も減ったから、10%近く。
あの、「デブは暑がり。ヤセは寒がり」つうのは、
あながちイメージだけの話じゃないんですね。
生まれて初めて買ったさ、「ババシャツ」。
晩秋に、トゥナイト2が「セクシーババシャツ特集」やるわけだ。
世の中のレディは、こんなに寒かったんですね。
毛糸のパンツがはやるのもうなづける。
わたしはガードルが手放せません。

あと、腰骨(骨盤のホネ)が、とがってきた。
っていうか、埋まってたものが、発掘された感じ。
仰向けにねて、両ももの付け根を触ってみると、ものすごくとがってる。
これ、なにかにつかえないのか?
とりあえず、朝起きてすぐ触ってみて、確かめるのが習慣になった。

そして、悲。おっぱい失踪。
やっぱり、これって避けられないんだね。
あれは脂肪の固まりなんだね。
「むっちりさん」時代の唯一のチャームポイントだったのだが。
2カップは落ちた。
『パット入りのブラはぁ、買わない〜』が、あたしのポリシーだったんだけど。
パットどころかジェルパット入りのハイテクブラを買っちまった。
なんか胸にシリコンいれた感触がするから、1回しか使ってないけど。
(男子にはよくわからないと思いますが)

そらぁ、痩せてうれしかったけど。
洋服買うのも楽しいし。33年間夢見てきた「華奢だねー」って言葉も
言われたし。達成感さえ味わったけど。

でも、ババシャツとガードルが手放せない、
胸より腰骨が出てる女(=今のわたし)って、
安野モヨコ先生(「美人画報」を読んでみましょう!)言うところの
「男子へのモテ度、ゼロ」って感じ?

まぁ、最近、Hなこと考える意欲も
あんまりなくなってきたからいいんだけど。
あれ?それも、体脂肪とカンケイあるのかなぁ。

さて、どうやって痩せたかは、また明日。
(もうその話は、いいって?)

PS.コラムを書くのは2回目です。
植松さんから、コソクな手段でバトンタッチを受けました。
植松さん、「コソク」というのは「姑の息」(by心の師匠 おすぎとピーコ)と書くんですよ(泣笑)!

NO
年月日
名前
4974 2020.09.30 玉川健司 新居は六本木
4973 2020.09.30 玉川健司 ずっと福岡にいるものと思っていたのに
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
  • 年  月から   年  月まで