リレーコラムについて

メーカーのお仕事

松原紀子

あなたのご職業は?というアンケート欄で、「製造業」とチェックした自分に少し驚
いた。製造業かあ。なんせ今までずっと「マスコミ・広告」の世界しか知らなかった
私である。もちろん資生堂にいても、コピーライティングを中心にTVCMや雑誌広
告をつくる仕事に変わりはない。が、ちょっとしたことで、そうか私は転職したのか、と実感するときがあるのだ。

製造業だから、もちろん商品が真ん中にある。そして私たちも商品にいちばん近いと
ころに位置する広告制作者だ。これは企業内制作のいちばんの強みであろう。時と場
合によるが、商品の誕生に立ち会える。ある程度、内容やパッケージに対して意見を
述べることができる。そして、これが本分なのであるが、その商品を世の中にアピー
ルし、ブランドイメージを創り上げていく。さらにブランド管理をする。私の場合、
コピーライターなので、主に言葉の面からのブランド管理人である。マス広告はもち
ろん、各種販促物、店頭POP、社内教育用ツールまで、イメージが分散したり混乱
しないよう気を配る。

広告代理店時代には日常茶飯事だった競合プレも、めったになくなった。「オリエン」「プレゼン」も、わが社では「依頼」「提案」と言う。ちょっとやさしい響きである。企画書はとってもシンプルになり、演出や見栄えに腐心する必要も今はない。商品やブランドのことだけをまっすぐ考えていればいい。

企業内宣伝部、そこで制作までする会社はどんどん少なくなってきている。まして資
生堂のようにオリジナルの書体を管理し、事細かにクリエイティブイメージを守りつ
づける企業も稀有だと思う。

広告は商品にいいイメージをつけられるけど、商品を実体以上にすることはできない
んじゃないか。モノがあふれているこの時代、商品そのものに魅力がなければ誰も振
り向いてくれない。ことに最近は、お客様自身が驚くべき情報量をもち、熱心に比較
検討して購入されている。商品がよくないと、広告のキレもどうもよくない。これか
らますます、広告制作者もモノづくりの根幹に目を向けるべきだろう。製造業に身を
置いてみて、よりいっそう、そんな思いを強くする。

資生堂 松原紀子

  • 年  月から   年  月まで