リレーコラムについて

ドMなSさん。

安田健一

ドMというより、つらく厳しい仕事が

なぜかSさんには降り注ぎつづけるから、(でも笑っているから)

僕からはドMに見えてしまう。

出会ったのは、自転車ロードレース。

「初心者の足慣らしに良いレースだよ」との知人の薦めに乗ったら、

つくばサーキットでの8時間耐久レースだった。

長いなあ、8時間…。

集合場所にいく道で、いきなりパンクした僕を

Sさんたちは笑顔で迎えてくれた。

移動のクルマでは二人ともレース初心者、なぜいきなり

レースに出るのか、良くわからない同志。

ほどなくして、二人とも広告屋、
カンヌが欲しいモノ同志ってことで意気投合した。

レースでは一巡目から、僕とSさんの自転車は故障。

タイヤごと人に借りた。

あらゆる点で、チームの足を二人で仲良くひっぱった。

とんだお荷物人員だったが、真夏のレース場の

照り返しで誰よりもムダに日焼けした。

プロアスリートの父親をもつSさんは、

生まれた直後に、その小さな小さな足を父親がじっと見つめて...。

「これじゃ勝てねえ」

と言われたそうだ。陸上の世界は厳しい。

大学では完全な体育会、寮生活では優しい先輩たちとの

拳が壊れるほどのファイターな日々が続いたそうだ。

あ、ファイターではなく、サンドバッグのほう。

なので、心とカラダのストレスセンサーが飛んでしまっている。

どんなに、危ない仕事、危ない人種のひとの仕事でも

「でも、◯◯飛んで来ないし、◯◯されないから、社会って優しいですよね」

と笑う。Sさん。

なにが飛んで来ていたのだろう。

初めて仕事を頼んだときは、Sさんは宴会中だった。

「今からでも、いいですか」と、宴を抜けて、快く受けてくれた。

海外の受賞を経て、新しいステージに進んだSさんだけど、

きっと今も、キツい仕事をしているに違いない。

また近々、一緒に仕事したい。

キツい部分はSさんにお任せして。

次回は、最高のプロポーズをしたKさん♪

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで