リレーコラムについて

「リビングに穴があいてます」

速水一浩

はじめまして。
石本香緒理さんよりバトンを受け取りました、
速水一浩です。

さてさて、早速ですが来月公開の映画で気になっているものがあります。

あの「ゴーストバスターズ」が30年ぶりに復活するんです。
大好きだったんですよね〜。
バスターズが事務所として借りるのが
元消防署で。
出動のときに、2階からポールでシャーッと滑り降りていくのが
かっこいい!というか面白い!
小学生だったぼくは、釘付けになりました。
「いつか家を建てることになったら、あれをつけよう。」
そう心に決めてたんです。

そして、2010年。ついに、そのときは来ました。
「リビングは2階で。なるべく光を入れて、、、」
いろんなお願いを建築家さんにしながら、しれっと切り出します。
「で、リビングから1階にポールでシャーッて降りたいんです。」
「は?」
「シャーっと!(ジェスチャー付き)ゴーストバスターズみたいに!」
「…。」
「消防署みたいに」
「ああ〜、なるほど…さすがに、そんなのつくったことないですけど、、、
面白そうですね!やってみます!」

こうして長年の想いは伝わり、2週間後、図面があがってきました。

3階の高さから2階のリビングを貫き、1階にズドーンと刺さるポール。
なるほど。ポールの端を留めないといけないからね。上から出すのね。
リビングの平面図には、階段横にぽっかりと穴が空いてます。
「いいですね〜!これですよ!これ!」
やたらテンションあがるオレ。
もはや従うしかない家族。

しかし、そこで冷静な妻が言いました。
「穴、おっきくない?」

建築家さん&オレ「え?」

よくよく図面を見てみると、確かに穴がデカい。
酔っぱらって帰ってきたら、確実に落ちるぐらいデカい。
「これ、どれぐらいですか?」
「ポールを中心に、半径80センチです。」
「いやいやいやいや。そんなに、いります?」
「なにせ、つくったことがなくて。ははは」

ですよね。

その後ショールームの柱にぶら下がったりして最適なサイズを検証。
結果、半径35センチあれば、大人でも降りられそうと分かり、
本当にできちゃいました。
ゴーストバスターズな家。

遊びにきた子どもの友だちは、全員、食いつきます。
会社の同期が遊びにきたときは、同期はもちろん奥さんまで
シャーッと降りてます。
だろ!面白いだろ!

やったった感に満たされながら、新しい家にも慣れてきたある日、
知り合いになった消防士さんと話す機会がありました。
「うちにゴーストバスターズみたいなポールあるんですよ!」
「へー、すごいですね」
さすが、本職。話が早いです。
「でも、最近の消防署にはないんですよね。」
「え?」
「結構ケガするんですよ。」
「ええ?」
「結局、階段のほうが速いんですよね〜」

なんとなく、そんな気はしてましたが。。。
いいんです!

フツーとか当たり前より、
(ちょっと危なくても)見たことなかったり、面白いほうがいい。

そういうのが好きです。

こんな感じで、好きなことや、忘れられないことを
書いていこうと思います。
きょうから一週間、よろしくお願いしまーす。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで