リレーコラムについて

「地図をみながら、ホテルをとってみた」

速水一浩

こんにちは、はやみです。

去年、いろんな流れを変えたくて
アドフェスに行ってきました。仲よしのプロデューサーといっしょに。

アドフェスはパタヤのホテル内で開かれます。
ツアーに入ると、会場になるホテルに泊まれるのですが、、、
それじゃ面白くない。プライベートで行く意味がない。
そう思って、ホテルは別の安いところを探しました。

パタヤのガイドブックなんてないので、
ネットで地図を見ながら探します。
4泊で6000円!というのを見つけましたが、
「大人なんですから」とプロデューサーNGに。
結果、会場にも近そうで、値段も会場の2/3ぐらいのところが見つかりました。

アドフェス初日。ホテルから会場を、徒歩で、目指します。
が、ホテルを出た瞬間、いきなり長ーい坂が!

油断1:地図では、高低差に気づきにくい。

坂をのぼりきるまでに10分強。
すでに汗だくです。
そこからは車道のすぐ脇を歩きます。
右は、バスがトラックが容赦ないスピードで走っています。
左は、なぜか電線が異常に低くたれさがる危険な道です。
(写真が残ってたので、添付しときます!)
そこを10分ほど歩くと、ついに会場ホテルの案内が出ました。
が、そこからさらに10分以上歩いたでしょうか。
結局、会場まで30分以上かかり。。。
歩いてみたら、歩けないことが分かりました。

油断2:見やすさに注意がいき、縮尺を軽視しがち。

というわけで、次の日からは原チャリにしました。
もちろん自分で運転するのではなく、原チャリタクシーみたいなやつです。
運転手さんとぼく、プロデューサーの3ケツで、
タイ人のおじさんにぼくがしがみつき、プロデューサーがぼくに
しがみつく。という構図です。
ちなみにメットは運転手さんのみでした…。

会場にいくだけで、この騒ぎです。
滞在中、いろいろ面白いことが起こりました。

せっかく刺激をうけにいくなら、
とことんフツーじゃない環境にしてみるのもオススメです。

ちなみにエアーもネットでポチったんですが
なぜか帰りの便がビジネスでした。
イミグレがめっちゃ並んでいたのに、スイスイ入れちゃいました。
そんないいこともあったりします。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで