リレーコラムについて

前向きに悩む

古橋亮羽

またしてもハンター×ハンターが休載してしまうらしい。
もうあの話の続きをスムーズに読める日はこないのだろうか。
できれば国をあげてサポートしていただきたい問題だ。

そういえばコピーを書きはじめた頃、
いいコピーを量産できる論理を身につけることは、
ちょうどハンター×ハンターに登場する
念能力を習得するようなものだと感じていた。

いま思えばそんな奇妙な話でもないし、
逆にそんな簡単な話でもないと思うのだが、
そのくらい当時の僕は
勘のいいほうではなかったのだと思う。

そんな僕もコピーライターに転職して5年になる。
おかげさまで変わらずこの仕事が好きだし、
変わらず夢中になれている。

自分の好きなことを仕事にできる人なんてほとんどいない。

僕もはじめは、やりたいことすらなかった。
とりあえず就職して、やりたいことを探した。
その後コピーに出会い、
いまこうして夢中になれることを仕事にできているのは、
ほんとにしあわせなことだと思う。

基本的に楽しむことより、悩むことが多い性格だ。
いまも楽しいけれど、それ以上に悩みが尽きない。
かなりネガティブなほうである。

コピーの考え方は、ネガティブをポジティブにする。
悩みだって、いろんな角度から見られるようになる。
悩めば悩むほど気づかされることがあって、
いつの間にか悩むことも楽しくなってたりする。

どうせ悩むなら、前向きに悩んでいこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーー

1週間、拙いコラムにお付き合いいただき、ありがとうございました。
次にコラムを書いてくれるのは、新人賞同期の小林沙紀さんです。
僕と違って、明るく元気でフレッシュな女の子なので、ご期待ください。
それではコバサキ、よろしくね。

古橋亮羽の過去のコラム一覧

4103 2016.07.01 前向きに悩む
4102 2016.06.30 オチが強引
4101 2016.06.29 みんなの安城
4100 2016.06.28 左は不適切か
4099 2016.06.27 趣味の意識
NO
年月日
名前
4613 2019.02.20 北田有一 平成最後、の謎が解けた説
4612 2019.02.12 北田有一 話題はそんなに話題じゃない説
4611 2019.01.25 藤田卓也 若手大賞で感じた若い世代の感覚
4610 2019.01.24 藤田卓也 買ってよかったもの2018
4609 2019.01.23 藤田卓也 書を捨てよ、町へ出よう。そして捕まえよう
  • 年  月から   年  月まで