リレーコラムについて

オチが強引

古橋亮羽

僕は童顔だ。

童顔で生まれ、
童顔で幼少期を過ごし、
童顔で学生時代は鳴らし、
いまも31で現役の童顔を続けている。

桜が咲き誇る季節、
大学の前を通ればサークルに勧誘され。

たまたま入った飲食店で、
店員に学生限定サービスを案内され。

20代前半の子には
「え!?歳下だと思ってました!」と言われ。

ありがたい。

とは思えない。

こちとら筋金入りの童顔。
バリバリのコンプレックスなのだ。

若く見られてる

なめられてる

という負の価値転換が瞬時におこなわれ、
すぐにムッとしてしまうようプログラムされている。

そもそも僕の童顔は遺伝だ。

僕が子どもの頃うちの母親は、
僕たち三兄妹に対して
冗談で年齢を10歳サバ読んでいたが、
まったく違和感がなかった。

いちばん下の妹にいたっては、
つい真相を伝え忘れられ、
思春期になるまで勘違いしていたほどだ。

30を過ぎた僕が学生に間違われるのも納得できる。

どうしようもないことなのだから、
変えるべきは自分の意識だろう。

母のように童顔を利用できるようになれば、
きっといいこともたくさんある。

歳の離れた若い子とも、
フレンドリーな関係を築きやすくなるかもしれない。

いろんなお店で学生のふりをして、
学割やサービスを受けまくれるしれない。

30過ぎにして、
大学生とサークル活動を楽しめるかもしれない。

なんて無理にポジティブなことを言ってみたが、
だいたい自分にできることと
できないことくらいわかっている。

僕にできることといえば、
日曜の夜に『乃木坂工事中』をみることくらいだ。

古橋亮羽の過去のコラム一覧

4103 2016.07.01 前向きに悩む
4102 2016.06.30 オチが強引
4101 2016.06.29 みんなの安城
4100 2016.06.28 左は不適切か
4099 2016.06.27 趣味の意識
NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで