リレーコラムについて

酒のいきおい

西橋佐知子

先週の金曜夜は、年に一度のTCC総会&パーティでした。
その2次会で、川田さんからバトンを受け取ってしまった
西橋です。
金曜から日付がもう変わろうかという時刻なのに
「誰もバトンを受け取ってくれないんです…」
と焦る川田の人徳の無さに同情したわけではありません。
ただの酒席での安請け合いです。

リレーコラムのバトンを受け取った気がするなあ。
でもまあ酒の席だし、まさか川田が大先輩の私に本気で
バトンをまわしてくるわけはなかろう…
土曜になり、酔いも醒め、うっすら思い返している矢先に
しっかりバトンメールが来て。
まるで竜宮城から陸にあがった浦ちゃんの心境です。
前回リレーコラム書いたの、15年前だし。

酒の席での安請け合いといえば
こどものころ、でろでろに酔って帰宅した父を
姉弟で取り囲み、あることないこと口走らせて
きゃっきゃっと喜んでいた時期がありました。

「ねえねえ、ダイヤモンド買ってー」
「おぉーーいいぞー」
きゃっ、きゃっ!

「ねー、ハワイ連れてってー」
「うぉーーいいぞぉーー!」
きゃっ、きゃっ!

といった具合です。
そんな約束、酔いが醒めたら覚えちゃいない。
実現されたためしもない。

あるとき、これは証拠を残して
実行してもらおうぜ、という話になりました。
ラジカセで父の発言を録音するのです。

Rec→
「ねぇねぇ、ビトンのバッグ買ってー」
「おぉー、いいぞぉー」
きゃっ、きゃっ!

翌朝、しらふになってその音を
父に聞かせることはありませんでした。

こども心に、それはないな、とわかっていたのでしょう。
じゃあなぜ録音したのか。

日ごろ厳しい父が、酔ってでろでろになっている姿に
私たちのほうも酔っ払っていたのかもしれません。

しかし、川田は「それはないな」とは
思わなかったようです。

おとなどうしの約束ですからね。
一週間がんばりますよ。
お付き合いよろしくお願いします。
(書けるかなあ…)

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで