リレーコラムについて

ロキとロイとアンドリューの話 その後

川田琢磨

(前回までのあらすじ)
合コンがつまんなかったので、新宿のHUBで飲んでた知らない外国人三人組に話しかけました。

最初に答えてくれたのは、元バスケ部のクールなイケメン、ロイだった。

「僕たちはボストン大学の同級生で、今はその卒業旅行に来てるんだ」

おやおや、同世代じゃないですか。
言葉は違えど酔っ払いの男子大学生同士、乾杯とウェーイで語り合えるに違いない!
あっという間に意気投合して二次会へ行くことに!

ジョンレノンみたいな天パをした優しそうなアンドリュー(英語教師志望)が言った。

「せっかくだからジャパニーズスタイルで飲んでみたい」

僕はアンドリューの名前の発音がずっと「安藤」にしか聞こえなかったが、
学生さん御用達の激安居酒屋チェーン店に案内してあげた。

靴を脱ぐところで「これがやりたかったんだ」って大喜びしてくれて、
席にある注文用のタッチパネルを見て「ジャパニーズテクノロジーすげぇ」って驚いてくれて、
「レストランでもないのに料理がたくさんあるよ!」って大ハシャギしてくれて……

え?いや、そうなの?向こうの飲み屋ってメシないの?
あと「男子トイレが低くてやりづらい」って言われたけど高さ違うの?

やっぱり文化の違いって面白いなーと思ったのもつかの間、
すぐにその考えを改めることになる。

3人目のボストンからの来訪者、ロキの存在である。

チビでおしゃべりでフリーダム。若干アタシとキャラ被りしてるのが気になるロキだが、
彼との会話は以下のようなものだった。

ロキ「俺はホンダの車が好きだ!」
わし「NSXかっこいいよね!」
ロキ「エーーーヌエーーーーーースエーーーーーーーーーーーーーックス!!!」ハイタッチー

ロキ「タクマは洋楽とか聞く?」
わし「リンキンパークとか好きやで」
ロキ「リーーーーーンキーーーーーーーーーンパァァァァァァアアアアク!!!」シンガソンー
(このとき、あの英語のラップをスラスラと歌えてるのがちょっとうらやましかった)

ロキ「ゼェゼェ……ならば俺が被ってるこの帽子が何かわかるか!?ボストンレッドソックスや!」
わし「ダイスケエエエエエエエエエ!!!!!!!」
ロキ「マツザアアアアアアアアアアアアアアアアアカ!!!!!!!」ホーミターイ

……いやね、一緒ですやん。車と音楽と野球の話って。普段そこらの男友達としてる会話と変わらんですやん。文化の違いどこ行ったよ。

なんか日本とアメリカの文化圏って近いんだなーと。(しみじみ)

んで、ロキがどーーーーしても日本の野球をこの目で見たいって言い出して。
じゃあ明日東京ドーム連れてってやる!ってなって。
ロイとアンドリューも東京観光のついでだってんでみんなで行こうってなって。

翌日、三人が泊まってるワシントンホテルまで迎えに行くと、玄関で待っていたロイに、
「ロキが二日酔いでぶっ潰れてるから、起こすの手伝ってほしい」と言われる。(※もう夕方です)

なんとかロキを叩き起こし、東京ドームで巨人―ヤクルト戦を見始める我々。
試合も中盤、6回に差し掛かったころ、昨日あれだけうるさかったロキがようやく口を開いた。

ロキ「気持ち悪いからホテル帰るわ」

お 前 が 見 た い っ つ っ た ん だ ろ が !!

酔っ払ったら楽しいし、二日酔いはつらいし、まぁ、みんな同じ人間ということで。

ちなみに私のTOEICの点数は430点です。

(ロキたちとの会話は、一緒にいたサークルの同期の帰国子女H君に全部通訳してもらってました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとう。)

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで