リレーコラムについて

漢字くんの大冒険

川田琢磨

ここは世界のどこかにあると言われる「言葉の国」。
そこでは、平和に暮らす「漢字一族」が「ゆとり大魔王」の手によって滅ぼされようとしていた。
これは自らの運命に立ち向かった、二人の漢字戦士の物語である―――。

―登場人物紹介―

勇者:「寺」 必殺技:テンプルパンチ(こめかみを殴る)
僧侶:「仏」 必殺技:サードインパクト(なんか三度目にヤバイことが起こる)

―1日目―

寺「仏よ、その右手に持っているものはなんだ?」
仏「え?「イ」(にんべん)ですか?」
寺「貸して」

【「寺」は「イ」を装備して「侍」になった!】
【「仏」は「ム」になってしまった!】

侍「ふむ、これはよき刀でござる」
ム「カ……カエシテ……」
侍「御免!」バサー

【「ム」はいきたえた!】

侍「かけがえのない仲間を失ってしまったでござる。早く港町に行って装備を整えねば」

―2日目(港町)―

寺「イ(にんべん)を売ったお金で装備を整えたよ!」

「待」 (ぎょうにんべん)を装備した寺。カウンターアタックが使える。
「特」 (うしへん)を装備した寺。一撃必殺の特殊攻撃が使える。
「持」 (てへん)を装備。重いものを持ち上げられる。
「詩」 (ごんべん)を装備。体力を回復する術を唱えられる。
「等」 (たけかんむり)の魔力によって、敵全体に等しくダメージを与える。

寺「これだけあれば大丈夫だろう」

且「……足りないな」

寺「だっ、誰だ!?」

且「俺は「且」。漢字族最大の28種類の武器を扱える漢字だ!」

阻、祖、租、粗、組、狙、姐、咀、徂、沮、疽、砠、蛆、詛、助、鋤……「フハハハハハ!!」

「寺」の前に突如現れた「且」。敵か味方か、「寺」の運命はいかに!

次回、「「寺」、やまいだれを装備して「痔」になってしまう」の巻!

絶対見てくれよな!

……ってゅーゲームつくりたぃんですケド、ダメですかね?

  • 年  月から   年  月まで