リレーコラムについて

最近、あの人に会ってないな。

副島夏樹

ここ最近、あの人に会ってないなぁと思うことはよくあるのですが、
ネガティブ思考の僕は、人を飲みに誘うのが苦手なので
会わないままになってしまうことが多いんです。

人を飲みに誘おうと思うと必ず

「この忙しいときに誘いやがって」と思われているんじゃないか、とか

「誰がお前なんかと飲みに行くかよ」と思われているんじゃないか、とか

「え?誘い合うような仲でしたっけ?」と思われているんじゃないか、とか

「後輩が断れないことをいいことに誘わないでもらえます?」と思われているんじゃないか、などが

頭をよぎり、どんどん悪い方に思考が向かって、結局誰も誘うことなく時間は過ぎていきます。

こんな話を友達にすると
「そんなこと思うわけないじゃん」「嫌なときは普通に断るし」「被害妄想過ぎ」
と言われるので、
「そうだよな、よし、誰かを誘ってみよう」といつも奮起するんですが、
誘う直前になると上記のような思惑が再燃してきて、また誘わずじまい。
本当、自分がイヤになります。。。

なので、人から誘われると全力で調整して行くように努力してます。
自分から誘えない分、誘ってもらったときの嬉しさったらありゃしないです。
それでも都合が合わず行けないときは、断りを入れるんですが、
本当に申し訳なく感じながら「また誘ってください、僕も誘えるように頑張りますので」
と心の底から願うとともに、自分の不甲斐なさを反省します。

せっかくなので、この場をお借りしまして、
「最近会ってない方々、久しぶりに飲みましょう。」

しょうがない会ってやるかという慈悲深い方がいれば、
また他力本願で申し訳ないですが、ご連絡ください。
全力で飲みに行くように調整します。
それでも行けないときは、すみません。。。
1人で猛省しているはずです。

とはいえ、やっぱりちゃんと自分から誘える人間になるよう努力します。
僕の今後の課題ができました。
課題があるのならば、具体策も考えられるはず。
あ〜、なんか僕にとって良い目標ができた気がします。

ちゃんと誘える人間になろうっと。

僕のコラムに一週間お付き合い頂きまして、ありがとうございました。
次にバトンを引き継いでもらうのは、TCC新人賞でも、宣伝会議賞でも同期だった木村敦子さんです。
TCCの会合のときに久しぶりにお会いしたときはこんな偶然あるんだ、
とビックリしたのを覚えています。

では木村さん、宜しくお願いします!

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで