リレーコラムについて

最近、旅行いってないな。

副島夏樹

コラムを書くために趣味について考えていると、最近旅行にも行ってないことにも気づきました。

大学生の頃は、バックパックを背負って長期間アジア方面によく行ってたんですが、
社会人になってからはキャリーバックで2、3泊程度。
大人になってしまったんですかね、あの頃が懐かしいです。

大学時代にタイへ行った時に、カオサン通りというエリアで宿泊してました。
バックパッカーの聖地と言われる程なので、
様々な店や路上で商売している人たちがいて面白い町でしたね。

そこでふと目に入ったのが、路上で髪を切っている人たち。
面白いな~、と思って見ている中で、気になる人たちを発見。
路上でドレッドヘアをつくっている!
髪を編み込んでつくるコーンロウなら路上でもできると思いますが、ドレッドはすごいなと。
さらに驚いたのはその値段。
日本円で2500円。
日本でドレッドにしたら3~4万円はするのに。
当時髪が長かった僕は、旅の恥はかき捨てと、思い切ってドレッドにしてみることにしました。

「いででででー」

さすがちゃんとしたお店じゃない人たちです。
編み込んでる時など、髪が引きちぎられるかと思うくらい乱暴。
時間はめちゃくちゃかかるわ、道を行き交う人は僕見て笑ってるわ、シャンプー台ないのに髪に変な液体を塗られるわで、時間を追うごとに不安は増していきました。
ようやく終わって、鏡を見せてもらったら、
「おぉ、いいじゃないか」
仕上がりはなかなかなもので安心しました。

…塗られた液体のせいか、頭から変な匂いがしていたのはちょっと気になりましたが。

その後は、日増しに匂いがきつくなっていくドレッドヘアと共に旅を続行。
旅の思い出に、忘れられない香りがプラスされました。

楽しかった旅も終わりを迎え、空港に到着、荷物を受け取って「さぁ家に帰ろう」と思った手荷物受取所で、
なぜか警備員に呼び止められました。
わけもわからず驚いている僕を尻目に、警備員が個室へ誘導。
変な髪型な上に、旅でボロボロになった服を着ていたため、
危ない薬を持ち込んでないか怪しんだんですね。
入念にボディチェックされ、すべての荷物を調べられて、ちゃんと無実は証明されました。。。

変な髪型のおかげで貴重な体験ができ、今となっては良い思い出です。

あ〜、思い出したら旅行に行きたくなってきました。
旅先にて様々な体験をすることで、自分の視野が広がっていくのを実感できていたなぁと。
コラムを書いているだけで、様々な感情を思い出せましたしね。

ちゃんと時間つくって旅行に行こうっと。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで