リレーコラムについて

最近、バスケ観に行ってないな。

副島夏樹

趣味について書こうと思ったんですが、
最近忙しくて趣味に時間を割いてないので、趣味と言えるのかと戸惑いました。
ならば、好きだけど最近できてないことを書こうかなと。

バスケが好きで7年ほど前にサークルをつくりました。
中学の時、バスケ部だったんですが途中で辞めちゃったんです。
その時の後悔がずっとあって、改めてちゃんとやりたいなと思ったのがきっかけです。
立ち上げた張本人のくせに、たった一年でキャプテンの座を友人に押しつけ、
今は悠々自適にプレイヤーのみとして参加。
まぁ、今のキャプテンのおかげで人も増えて7年も続いているので、
僕がキャプテンじゃなくて良かったと勝手に納得しています。。。

なので、バスケはやっているのですが、
最近プロの試合を観に行ってないことに気付きました。
普通のバスケはもちろん、僕がよく観戦していたのはストリートボールといわれる3on3です。
実は3on3にもプロリーグ「SOMECITY」というのがあって、
東京と大阪では各週で試合が行われています。

3on3の魅力は様々あるんですが、僕が面白いなと思う点を箇条書きにて。

●真剣な試合でもトリッキーなプレイが多い。3対3なのでコートに余裕があるからですかね。

●ハーフコートで良いため試合会場がライブハウスやクラブだったりする。東京はクラブチッタ川崎です。

●会場が狭いためコートサイドぎりぎりが観客席。多くの席が選手まで数十cmの距離です。

●DJがいて、大音量の音楽のなかで試合。盛り上がると観客が踊り出します。

●たまに音楽に合わせてプレイをする選手がいる。真剣な試合なのに音まで意識してすごいです。…DJがすごいのか?

●普通はコートの外にいる実況・解説ですが、3on3は試合中の選手に混じってMCがコート内にいる。下手なプレイをするとMCの目の前でディスります。本当にMCが面白いです。

●このリーグを題材にした漫画がある。「DRAGON JAM」という漫画で、僕的にバスケ漫画の中でスラムダンクの次に面白いです。(あ、リアルの次で3位かも)

まだまだいっぱい魅力はありますが、
一言でいうと「魅せる」ことに特化したバスケなんじゃないかなと。

あと、ちょっと前から気になるバスケがありまして、その名も「スラムボール」。
トランポリン × バスケ なのにちゃんとバスケの試合になっていて、めちゃくちゃ激しいんです。
日本でもやってくれないかなぁ。

あ〜、書いてると久しぶりにバスケ観に行きたくなりました。
やっぱり、好きなものはちゃんと観たり、やったりしないとダメですね。
今年は2つある日本のバスケリーグが1つになる記念の年なので、観に行く機会が増えればいいなと。

ちゃんとバスケ観に行こうっと。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで