リレーコラムについて

ガサベコな画用紙

村山覚

今日は1時間ぐらいでこのコラムを書き上げて
神宮球場でヤクルトの応援だ!と思っていたのだが、
書いては消し、を繰り返していたら試合が終わってた。
でも勝った!最下位脱出!ヤマーダテツト!

僕らのアイドル、高田純次さんはあるテレビ番組で
「説教、自慢話、思い出話は抑えていかないと」
と語ったそうだが、また思い出話を書かせてください。

僕は中学校の近くを流れる川べりに座って、
橋の絵を描いていた。左手には白いパレット。
太ももの上に置いた画板の傍らには黄色い筆洗バケツ。
鉛筆で下書きをしている時は楽しかったのに、
色を塗り始めたら全然うまくいかなかった。

筆をバケツでじゃぶじゃぶ洗っては色を塗り重ねる。
バケツの中はどぶ川のように濁っていく。
じゃぶぬりじゃぶぬりを繰り返しているうちに
画用紙は毛羽立ち、水分を含んで歪みはじめる。

ガッサガサでベッコベコになった画用紙を見て
「絵とか向いてないんだよな」と思った。
見回りにきて画用紙をのぞきこんだ鈴木先生は
いつにも増して困ったような顔をしていた。

鈴木先生へ
じゃぶぬりでガッサガサでベッコベコだった僕も
今ではいっちょまえに「コントラストが」「級数が」
「カラコレが」なんてことを言うようになりました。
広告制作って(画用紙と違って)やり直しがきくんですよ。
やり直しがきくからこそ「肌修正」や「改訂作業」なんて
こともあるけど、いい絵や言葉を追求する日々です。
僕が関わった広告、見てくれていたら嬉しいな。 村山覚

明日はもうちょっと中身のあること、
コピーライターらしいことを書きます……

ご意見、ご感想、コラムのお題、神宮で飲もうぜ、
コンサート行こうぜ、中学でお前の担任してた鈴木だぜ、
何でも結構ですのでお気軽にご連絡ください。
→ murayama.satoru@dentsu.co.jp

NO
年月日
名前
4582 2018.11.18 片岡良子 阿闍梨餅
4581 2018.11.17 片岡良子 ひたち20号
4580 2018.11.15 片岡良子 ひたち5号
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
  • 年  月から   年  月まで