リレーコラムについて

『毎度おさわがせします』

松井琢磨

あるコピーライターのウィタ・セクスアリス

第1回『毎度おさわがせします』

加齢臭はどうやら耳の後ろから発生するらしいと聞きつけ、
毎日石けんで耳を必死に洗っている松井です。

神山さんの後をうけ、
青春時代に僕を「刺激」してくれたものたちを懐かしむのが
セクスアリス的本コラムの趣旨でして、

第1回の今日は『毎度おさわがせします』です。

放送されたのが1985年。
多感な時期でした。

多感な時期っていうのは、要するに「猿」ってことです。

そんな猿たちにとっても、このドラマは常軌を逸していました。

ベッドシーンやシャワーシーンなどをふんだんに盛り込んだ、
お色気コメディタッチ。テーマは「思春期の性」でした。(たぶん。)

第一話のタイトルが『こんにちはポコチン』。

壊れてる。

よくこんなのゴールデンで放送できたなという内容でした。
しかも主演は、あの中山美穂さん。

魂を撃ち抜かれるとは、このことです。

すぐに彼女のベッドシーンやシャワーシーンを録画したビデオが学校に出回りました。
僕らは視聴覚教室にそれを持ち込み、
何度もコマ送りやスローモーションをかけて、何度も「鑑賞」したものです。

ニップレスしてんだからどうせ見えないのに、
見たい気持ちが前に出過ぎ、首をかたむけて画面を凝視するヤツもいました。

Googleなんて存在しなかったあの頃、
全国の小中高男子は、間違いなく全員TBSの味方だったのです。

※『毎度おさわがせします』は1985年に放送されたTBSドラマシリーズ。
主演は中山美穂。主題歌はC-C-Bの『Romanticが止まらない』。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで