リレーコラムについて

代筆 松井琢磨

神山浩之

こんにちは。

今週のコラムを担当するはずの
神山浩之さんの代筆をして
神山さんを褒めるシリーズ。

最終回を担当するのは、
佐藤舞葉さんからバトンを受けた
同じく電通の松井琢磨です。

2002年入会なのですが、
実はリレーコラムを書くのはこれが初めて。

やっと回ってきた初めてのリレーコラムが
自分の話ではなくて、
神山さんの代筆なんて、
ちょっと複雑です。はっきり言うと心外です。

さて、
神山さんのいいところ(←褒める前提)。

うーん。ちょっと思いつかないなあ。

あ。いいところがひとつもない、
というわけでは、ありません。もちろん。

ちゃんと探せば、
何かしらひとつくらいあるとは思うんですけど。
今、ぱっと、急には思いつかないという。

自分のいいところなら、
いくらでも思いつくんですけどね。

でも、考えてみたら
スゴイところを
まったく見せずに生きていくというのも
それはそれで、
なかなかスゴイことなのかもしれませんね。

この生き馬の目を抜く広告業界で。
電通だし。

ということで、来週のコラムは、
僕、松井琢磨が自ら担当します。
無精しないで、自分でちゃんと書きますからね。
あたりまえか。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで