リレーコラムについて

コピーvsジブン ~打席に立つ機会を無駄にしないぞ篇~

和田佳菜子

わたしにこの仕事の基礎を叩きこんで下さった師匠は、
スタープランナー(!)としてご活躍中の岡部将彦さんです。
配属された当初から「コピー分類」など合理的な勉強法を、
ご本人の濃厚な経験に基づいて次々教授してくれました。
そして常に言うのです、「お前はコピーライタータイプだ」と。
確かに岡部さんとCMプランニングをともにすると、
「企画」というところで圧倒的な才能の差を見せつけられ、
努力で何とかなる気すらせず、諦めの境地に立たされる日々。
かといってコピー力にも自信が持てない状況に苦しみ…
すがりついたのが、当時局長だった小松洋支さんでした。
始めたのは、ブレーン「C-1グランプリ」の課題に対して
毎月必ず100本書いて小松さんに見て頂くというラリー。
これを1年半ほど続けさせて頂きました。
小松さんが途中で東京に戻られてからはメールで継続。
本当にお世話になりましたし、感謝をしております。

そんな訓練と並行して担当するようになったのが、
三越の1店舗である「ラシック」というファッションビル。
毎シーズンのポスターを先輩2人と競いながら書いて、
小松さんに指導・選定して頂く形で制作していました。
喉から手が出るほど欲しかった貴重な貴重なGF実作業。
バッターボックスに立つ限られたチャンス。
しかも、百貨店・ファッションといえば、
コピーライター全盛期に山のように
名コピーを生み出している“おいしい”案件です。
西村佳也さんや糸井重里さんや土屋耕一さんなどなど…
近年では、児島令子さんの「Earth music&ecology」、
尾形真理子さんの「ルミネ」なども大好きです。
そんな畑ですから、豊穣となる希望はありつつも
逆に掘り起こされていないステキコピーを収穫するには
相当の覚悟と努力がいるなぁという思いもありました。
なので、まずは過去の類似案件コピーを大量に集めて印刷。
バイブルができたところで「ラシック」の嗜好に合い、
かつ今の時代にマッチした言葉を探す作業でした。
当然、小松さんの目はありがたくも厳しかったので、
「ラシック」の仕事は高いレベルを保つことができ、
とある1本はわたしの新人賞にも貢献してくれました。

しつこいですが、そういった受注作業での
コピーライティングは本当に機会が限られています。
だから自主提案・公募で鍛えた力を発揮する「本番」として、
非常に緊張感をもって取り組んでおります。今でも。
最近では「名古屋銀行」のキャンペーンGFなどありますが、
CDの都築さんに見て頂く時間はやはり手に汗握る感じで。
商品特性やターゲットの心情をキュッと正確に捉える嗅覚が
いかに大事かなど、学ぶことがいつもたくさんあります。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで