リレーコラムについて

コピーvsジブン ~とにかくGFコピーを書きたいぞ篇~

和田佳菜子

電通中部にいると、ほぼ必然的に
CCN(コピーライターズクラブ名古屋)の審査会を
お手伝いすることになるのですが、
山のような作品たちと直接目を合わさざるを得ないため、
何かこう色々な嫉妬や悔しさに飲みこまれ、
真綿で首を絞められるような感覚に陥ります。
それが本当にイヤだから、毎年毎年、
次こそ絶対いいものを作るぞという決意も生まれるわけです。
だけど、実作業として“コピーを存分に書ける”仕事は
そうそう都合よく舞い降りてこないのが現実です。
少なくともわたしの場合はそうでした。
TCCの新人賞を頂く前も、頂いた後も、
コピーを書く仕事がない!特にGFの仕事がない!
そんな環境下、かなり初期から
「いつ来るか分からない発注を待っていても仕方ない!」
「チャンスは自分で作れ!」
と恐い顔で教えてくれた人がいました。
東京に異動してしまったADの本多集さんでした。

そんな本多さんと「宝石の八神」という店舗の
クリスマスポスターを作ったのは2009年。
新聞原稿で発注をもらった縁から自主提案をねじこみました。
結果的にこれは新人賞の一次通過止まりでしたが、
本腰入れてポスターコピーを書いた初めての仕事でした。
ただ、のちのちこの作業に関して気が付いたのは、
「クリスマス/プレゼント」というテーマの「手垢」具合。
その後に挑んだ「環境問題」同様、
多くのコピーライターたちが掘り起こした
穴だらけの地に飛びこんでいく無謀さたるや。
もちろんそれは言い訳に過ぎないっちゃ過ぎないのですが、
今度はもっと“新しい発見”が転がるフィールドで
トライしてみたいと考えるようになりました。
そこで次に自主的にポスター制作を請け負ったのが
「スポルティーバ」というエンターテイメント団体の
「プロレス練習生一日無料体験募集」告知でした。
自分自身、あまり造詣の深くない世界でしたが、
逆に妙に楽しく書けたのが印象的でした。(年鑑2012掲載)
去年は「サザンインフィニティ」という眼鏡屋へ自主提案し、
個性とこだわりが強い職人店長の想いを代弁するコピーを作成。
これも未知の情報が多くて楽しめました。(年鑑2014掲載予定)

ちなみに、こうやってコピーライティングに勤しむなかで
常にわたしの心を占拠しているのは玉山貴康さんに教えられた
「コピーを書こうとしない」という極意です。
何年も前に頂いたお言葉ですが今もわたしの最大の拠り所です。
極意なので詳しいことはご本人へお尋ねください(笑)。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで