リレーコラムについて

コピーvsジブン ~あのとき新人賞とれてよかったぞ篇~

和田佳菜子

いつもお世話になっている都築徹さんから
『妊婦となった彼女の、いましか書けない話。』
というフリでバトンを受け取りました。
電通中部支社の和田佳菜子です。
コピーライター歴7年目、ただいま妊娠7ヶ月です。

う~ん…。
妊婦になって変わったことなんてあったかなぁ…、
“いましか書けない”ことなんてあったかなぁ…、
とグルグル悩んでいたさなか、
今度の8月9日(土)に30歳を迎えることに気づきました。
【9月から突入する産休直前のリレーコラム】、
【20代最後の5日間を捧げるリレーコラム】。
そう考えると、
コピーライターという仕事にひと区切りをつけ、
コピーとの戦いの歴史を振り返ってみるのに
ある種、神がかったタイミングかもしれません。
しかも3年前、新人賞受賞の夏に頂いたバトンは
至極どうでもいい私的雑談に費やされていたので、
今回はコピーの話から逃げないように頑張ってみます。

わたしは「親子で考える環境問題」という
日経新聞主催イベントの新聞広告・ポスターで
2011年に新人賞を頂きました。
この仕事は電通名鉄コミュニケーションズの森俊博さんに
手取り足取りコピーを見て頂く毎日から生まれました。
当時、コピーを書きはじめて3年目。
ただでさえ未熟者だった自分にのしかかったのは
「環境問題」という手垢にまみれたテーマでした。
自治体が子供たちに描かせる環境ポスターや、
企業がCSRとして発信する環境広告などが氾濫する中で
(電通社内でいうと「環境スローガン」という敵も…)
いかにして“新しい発見”を言葉にしていくか。
ふだんはデスクのパワポでコピーを考えるのですが、
あまりの苦悩から倉庫のような狭い会議室に閉じこもり、
大量の紙と1本の鉛筆を握りしめつつ
コピーになりそうな視点のかけらを拾い集める日々。
書いて書いて。森さんに見せては撃沈。再び書いて書いて。
そんな昼夜を問わない“ザ・若手コピーライター”な経験を
どっぷり、がっつり、喰らうことができた数ヶ月でした。
自信喪失を何度もくり返すなかでの不安感、
このチャンスを掴み切れるかという焦燥感。
2度と経験したくないようなヒリヒリした感情の果てに、
結果が出る喜びを初めて体験できたありがたい仕事でした。
「コピーvsジブン」の在り方にやっぱりひとつ、
ターニングポイントをくれた仕事だったと思います。

  • 年  月から   年  月まで