リレーコラムについて

そういえば、父上様

清松俊也

今年で七十五歳になる父は、大分県佐伯市で鶏の唐揚げ屋をやっています。
14年前に母が癌で死んでからもずっと一人で。
田舎町の国道10号線沿いの小さなお店(実家)で。

「お父さんは、発生主義やけんのぉ」
それが、真面目一筋の父の、昔からの口癖でした。

発生主義?上手い言葉じゃないけれど、
「思い立ったときにすぐ行動を起こす」「やりたいことが発生したらすぐやる」
だいたいの意味は、そんなところだったのでしょうか。

近所のサミット(スーパー)で七夕の短冊に
「リレーコラムを最後まで走れますように」と大人の弱音を書き綴りました。
こんばんは。キャッチャーゴロの清松です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拝啓、父上様

お元気ですか。こちらは家族4人、皆、元気でやっています。

お袋のお墓の掃除、ときどきやっていますか。
一日一食主義の飯をちゃんと食べていますか。
朝方まで居間でうたた寝などしていませんか。
寝煙草の火で茣蓙を焼いたりしていませんか。

そういえば「今度、娘たちを連れて帰るから」と電話で言って、
もうずいぶんと月日が経ちますね。

そういえば、先日、次女の誕生日にクール宅急便で送ってくれた
鶏の唐揚げのお礼も、まだ伝えていませんね。

そういえば、十年くらい前にギャンブルで大負けして、
妻に内緒で借りた十万円、まだ返していませんね。

…なんだか キリがないですね。

駄目ですね。この歳になっても俺は、
まだ親父の言う「発生主義」が身についていませんね。

そういえば、ずいぶんと遠回りしたけれど。
今年ようやく「TCC新人賞」という賞をもらうことができました。
皆さんのおかげで。
報告が遅れて、ごめんなさい。
(まぁ、言っても分からないと思うけど)

拝啓、父上様

とにかく、言っておきます。ありがとうございます。
何がじゃ?と訊かれると困るけど。
ただなんとなく。

今年の夏休みは、成長した娘ふたりを連れて実家へ帰ろうと思います。

追伸:思い立ったんで、ここに書いてみました。発生主義(?)で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ、そういえば親父はインターネットなど見ないんでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと最後に「そういえば」をもう一つ。

きょうの夜、TCCのクラブハウスでは、
故・梅本洋一さんを偲ぶ会が催されているはずです。

二十数年前、当時大学生だった僕は宣伝会議の一般コースの授業で、
この偉大なるコピーライターの大先輩の言葉に耳を傾けたことがあります。

「一般化したリアリティではなく、独自のリアリティを」

「とんがれ!」

あの日、あの時、東銀座の中小企業会館の教室の白い蛍光灯の下で、
梅本さんは、間違いなく、そうおっしゃっていました。
熱く、厳しく。

帰りの京浜急行線の電車の中で、膝の上にノートを開いて
授業の復習をしながら心を熱くした記憶が、
ちょうど今、この文章を書きながら頭の中に蘇りました。
不思議ですね。

梅本さん、ありがとうございました。

NO
年月日
名前
4582 2018.11.18 片岡良子 阿闍梨餅
4581 2018.11.17 片岡良子 ひたち20号
4580 2018.11.15 片岡良子 ひたち5号
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
  • 年  月から   年  月まで