リレーコラムについて

やさしすぎる上司

清松俊也

コピーライターの仕事で飯を食えなくなったら、デパートの屋上で青空を眺めながらアドバルーンの監視員のバイトをやるか、夏に水着姿の女の子を眺めながらプールの監視員のバイトをやるか。本気で悩んでいます。

昨日からパンツが裏返るほどコピーを書き続けています。
こんばんは。キャッチャーゴロの清松です。

当然のことですが、フリーランスの僕には上司がいません。

だから「明日までに、これをやっとくように!」
と上司から厳しい口調で指図を受けることもありません。
これは悪くはない状況かもしれません。

でも、その代わりに「まだやってくのか? 無理すんなよ。明日やればいいよ」
なんてやさしい言葉を掛けてくれる 心ほだす上司もいないのです。
これはちょっと淋しかったりもします。

仕方がないので、僕は上司を雇うことにしています。
頭の中だけで。

で。今日のところは、
僕の頭の中にいるやさしくて可愛くて素敵な上司(女の人)から、
スペシャルなやさしい言葉を掛けていただくことにします。

「ねぇ リレーコラム 無理しなくていいからね ♥ あ、5本書けたらご褒美だから 」

わざわざ訪問して読んでくださった皆さま、こんな内容でごめんなさい。

そういうわけで。
また、あした。おやすみなさい。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで