リレーコラムについて

3

赤松隆一郎

こんばんは。
昨日までのあらすじは、
ベサメムーチョ赤松はちょっと恥ずかしい名前だということと
一昨日、久しぶりにニベアで歯磨きをしたということと
ぼーっとするにもいろんなぼーっ、がある、ということでしたね。

僕は仕事で企画をしている時に、
ぼーっとしていることが多いのですが、
ほんとに調子がいいときのぼーっと仕方は
自分が企画をしている、仕事でものを考えている、という
意識がまったく無い時なんです。
そういう時間は、なかなか長くは続かないのですが
なんていうか、
実はとても一生懸命考えているんだけれど、
本人がそれを意識していない、とでもいいますか。
アイデアが生まれているのはそんな時なんじゃないかと思います。
そしてそれは
企画をしたり、考えている時だけでなく
泳いだり、走ったり、自転車を漕いだり
運動している時にも、あてはまるような気がします。

明日は、
2年前に始めたトライアスロンのことを書きます。
時差を越えるので、少し更新が遅くなるかもしれません。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで