リレーコラムについて

2

赤松隆一郎

こんにちは。
昨日までのあらすじは、
ベサメムーチョ赤松は恥ずかしい名前だということと、
久しぶりにニベアソフトで歯磨きをした、って話でしたね。

久しぶりにニベアソフトで歯磨きをした、とか書くと
健康のために時々やってる習慣みたいに聞こえなくもないですが
もちろんやりたくてやっているわけではありません。

人によって違うと思いますが、
僕は仕事で企画を考えているとき、
ものすごくぼーっとしてるんです。
人の話を聞いているような顔をして
ぜんぜん聞いていないことが多々ありますし
気がついたらまったく逆方向の電車に乗って
30分くらい座っていることもありますし
パンツをはいたままでシャワーを浴びてたこともあります。
その一環で、
歯磨き粉とニベアソフトを間違えることもあるわけです。
ニベアソフトで歯を磨いたことがある人ならわかると思いますが
気がついて急いで口をすすごうと水を含むと
口の中で、ものすごく、水が弾けます。
その感覚は、間違いなく
これまでに味わったどの感触とも違います。

時々、
広告やCMプランナーの仕事に興味を持っている学生の方たちから、
どんな風に企画を考えているんですか? と質問を受けますが、
こんな風に考えているわけです。
ぼーっとしているわけです。
でも、実は
ぼーっと考え続けることは、楽しくも、時に苦しい作業で、
場合によってはかなり苦しい時もあります。

ぼーっとする、その
ぼーっ、にもいくつか段階があって
ぼーっとしていることを忘れてるくらい
ぼーっとしている時が、いちばん考えている時だったりします。
明日はそのへんの話をぼーっと書いてみます。

http://www.akamatsu-ryuichiro.com

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで