リレーコラムについて

親子就活

井田万樹子

え?娘の就職活動に?
なぜ父親が?
一緒に来るのかって?
…あかん?
おかしい?
いや、だって、面接ちゃうやん、OB訪問やん、
あんたとワシ、知り合いやし。
あ、これ、ワシの娘です。いま、大学3回ですねん。
おい、ゆみ子! こちらが、井田さん。

コミュニケーションデザイン局?
へー…井田さん、そんな部署になってまんの?

…おい、
おまえなぁ、
もぉ〜そんな挨拶の仕方しとったら、どっこも就職決まらへんぞ。
もうね〜就職活動がね、大変なんですわ〜
大変っちゅーか、何もやってへんっちゅーかね、
もういいかげん、なんとかせなあかん、
お父さんの知り合いの広告会社の人、紹介したるわ、言うて。
ほんで、こないだ電話してしもたのよ、あなたに。
いやいや、広告めざすとか、めざさんとか、そういうことも、
全然わかってへんのよ、この娘は。
とりあえず、ほら、あなたみたいにね、
女性で働いてる人の話を聞いて、
うちの娘も、なんか刺激に、なったらええかな〜なんて。

え、ワシの服装?
日曜日のお父さんみたい?
え?いや、これ、寝間着ちがうよ、
襟、付いてるやんか、ほら。
いや、だって、ワシがリクルートスーツ着てたら、おかしいやん?
いや、今日、会社、休んだんよ。うん、休めんねん。
休める、休める、ワシの部署なんてもう、あってないようなもんやから。
もうええねん、もうワシは…って、いや、ワシの話はええから、
ほら、ゆみ子、おまえが話せぇよ!
おまえが話をせんでどうすんのよ?
ええか?
お父さんは、もう、何も話さへんで?
このソファーに座って、横でくつろいどく、いや、座っとくからな?
おまえ、ちゃんと敬語で話をせぇよ?
わかってるな?失礼なこと言うたらあかんぞ?
あ、コーヒーいただきます。

…ズズ…ズズ…

…ズズ…ズズ…
ブーーッ!(吹き出す)
…残業って…おまえ〜そんな質問するなよ!も〜
あるに決まってるやないか!
…ほんまにもう…。

…(少し沈黙)ズズ…ズズ…

わかるわ〜そうそう、そうやねん、この業界はな、
この業界の人は、そういうとこあるねんな〜わかるわかる、
仕事はじめたらキリがないねんな〜。
あ、あかん、あかん、黙っとかな。

…ズズ…ズズ…
…ズズ…

わかるわ〜そうそう、そうやねん、ワシの若い頃はなぁ、
今では考えられんような先輩がおったけどなぁ〜…
タクシーのボンネットに飛び乗ったりなぁ、あの人知ってる?
あ、あかん、あかん黙っとこ黙っとこ。

ズズ…ズズ…

ズズ…ズズ…

なぁ?おまえ、わかったか?
大変な業界やろ?
お父さんの業界は。
お父さん、頑張って仕事してんの、わかったやろ?
な?わかったか?井田さん、今日はすんません、
おかげでひさしぶりに…親子の会話ができましたわ。
いや、ほんま、おおきに。

就職活動の季節になると、いつもAさんのことを思い出す。
娘さんと一緒に、私が勤めていた会社にやって来たAさん。
リクルートスーツを着てハキハキ質問をする娘さんの横で、
パジャマのような格好でくつろいでいたAさん…。

数日後、Aさんから電話がかかってきた。

あぁ、井田さん?
こないだは、どーも。
いやいや、いつもホンマにすんません。
ちょっと、ゆみ子にかわります。
おい、ゆみ子!おい!
起きろ!
いつまで寝てんねんッ!
おい、ゆみ子!
誰?って…井田さんや!
こないだ会った人や!

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで