リレーコラムについて

にゃんにゃん。

川田琢磨

勉強は得意な方だった。

小6で受けた模試では志望校合格率80%とかだったし、
学校の成績も、オール5だった。

中学受験なんてただの通過点。
自分でもそう思っていたし、
家族や友人にも、そう思われてるのが誇らしかった。

2月。結局僕のところに合格通知は届かなかった。

お得意のお勉強で、一校も合格できなかった自分。
顔をうずめたくなるほど恥ずかしかった。

それだけじゃない。家族の期待も裏切ってしまった。
両親とも中学受験に成功していたこともあって、
家族の中で自分だけがひどく異質なものに感じた。

そういえば、学年で1番速かった徒競走のタイム。
机に向かい続けていた夏休みの間に、平均以下まで落ちていた。
好きだった野球も、塾のために辞めていた。

自分で、自分の価値がわからなくなった。

持っているものが、なにひとつ世間に通用しなかった人間。
そんな姿を見られたくなくて、学校を休んだ。

学校を休むと、また周りとの差が開いた気がして、
もっとみじめになった。
そして、なおさら人前に出られなくなった。

こんなはずじゃなかったのに。
理想の自分と、現実の自分が、どんどん乖離していく。
明日になればなるだけ、それがもっとつらくなる。

学期末になると、先生が内申書を家に持ってきた。
いつも5が並んでいて、家族に見せるのが楽しみだった、内申書。

白紙だった。

テストを受けていない人に、成績は付けられないという理由で、
数字も何も、書いていなかった。

評価すらされない。
自分に一体何の価値があるのか、いつも不安だった。

もう、精一杯だった。
現実をなるべく見ないように、目をぎゅっとつぶっているだけで。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで