リレーコラムについて

成功よりも、鼻歌を、口笛を。

下東史明

成功してやる。
とか、
あの人は成功した。
なんて会話を時折、耳にします。
僕も大学で東京に出てきた頃は、本当にこの東京で成功してやるんだ!
と鼻息も荒く、息巻いていました。

けれど、東京に10年住んで、仕事につき、
そろそろ30歳になろうとしている最近、
ふと、成功って何なんだろう、と思い始めるようになりました。
成功って、人によって違うし、年齢によって違う。
10代での成功、20代での成功、30代での成功…。
人生って一度きり、という手あかにまみれた言葉がありますが、
一度きりである以上、
例えば、60代の自分が何を成功と考えているかなんて、
今の僕にはさっぱり想像もつきません。
なら、成功とか考えなくてもいいんじゃないだろうか。
成功よりも、幸せかどうかを大切にした方がいいんじゃないだろうか。

でもさ、幸せって何か、それも人によって違うし、
分からないんじゃないか、と皆さんも感じられるでしょうが、
僕は成功と幸せの境界線って、「他人と比べているかどうか」だと思いました。
成功は、他人と比べないと実は定めることができない
けれど、幸せは他人と比べなくても、自分で定めることができる。
ニューヨークで成功する、というのと、
ニューヨークで幸せを感じる、というのを思い浮かべていただけば、
少し、実感されませんでしょうか??
う〜ん、うまくまだまだ説明できなくて大変申し訳ないな、と思いますが、
いかがでしょうか?

幸せは、僕にとっては、
思わず鼻歌を口ずさみたくなるような、口笛を吹きたくなるような、
そんな夜が月に数回訪れるときに強く感じます。
皆さんも、気持ちよく酔っぱらった帰り、
仲間の方々と別れた後の街頭で佇んでいるときや、通りを歩いているときに、
「ああ、生きててよかったなあ」と感じられることはないでしょうか?

成功する生き方、成功する暮らし方、
成功する働き方、成功するつきあい方、
といった安易な物語にうっとりしない。
そう思えるようになった僕は、果たして大人になれたんでしょうか、
それとも、子どものままなんでしょうか。
答えは見つかりませんが、
あした、鼻歌を口ずさみ、口笛を吹きたくなる時間がくることを願って、
生きていきたいと思います。

NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで