リレーコラムについて

桜と筍

村田徹

桜と筍

花見をする前に筍を食べた。
確かに3月の頃から若竹煮を出している店が多い。
旬に詳しいわけではないけれど、ちょっと早過ぎはしないか。
これも温暖化の影響?

竹篇に旬と書いて、「筍」。
調べていたら「筍前線」という言葉を見つけた。
桜前線が通った後、1週間から10日で、日本に「筍前線」が訪れる。
鹿児島から始まり、熊本・福岡・徳島・岡山・
京都・静岡・千葉・茨城を通過し、石川県で終わる。

「筍前線」。桜前線に負けず劣らず、
季節を感じる良い言葉だと思った。
南から北へ、竹林の土の中から筍がムクムクと顔を出し始め、
日本列島を縦断していく様が思い浮かぶ。

「前線」は気象状況に使う言葉であるが、
調べて見るといろいろな前線がある。
秋刀魚前線、鰹前線、松茸前線、田植え前線、
鮎の遡上前線、ウグイス初鳴き前線、
変わった所では、冷やし中華前線、、、、、

誰が何時から使い始めたのか、その出自は分からないけれど、
南北に長い日本の季節の移ろいを、
いろいろなものを通して見つめている人がいることが
うれしく感じた。

お花見も今週一杯。
皆さん、良いお花見を。

  • 年  月から   年  月まで