リレーコラムについて

幸せって

村田徹

最近、蕎麦屋で友人と飲んでいたときに、
教えてくれた明石家さんまの言葉。

「幸せはつまらない。活気がないから。」

なかなか口に出る言葉じゃない。
そこに彼の人生観が感じられた。
そういえば彼、コマーシャルで
「幸せって何だっけ?」と唄っていたっけ。

以前テレビで見たアメリカ階級社会の
ドキュメントの1シーンを思い出した。
若くして成功し巨万の財産を得て、
確か30代ぐらいの若さでリタイアした男への取材。
外界から隔てられたゲートハウスの中で、
欲しいものは全部手にした彼は、
やることもなく一日中ピアノを弾いていた。

人は誰しも幸せになりたいと思うが、
仮に幸せを手にしたとしても、
それが求めていた幸せかどうかは分からない。

城山三郎がまだ若い頃、伊東整に
「あなたはいつも自分を少々無理な状態に置くようにしなさい。」
というアドバイスをもらい、ずっと大切にしてきたという話を本で読んだ。
(対談集「気骨について」新潮文庫)

「まったく無理な状態でもいいものはできないし、
かといって、まったく自然な状態でもまたいい仕事はできない。」

確かにそうだ。人は幸せを手にした時より、
幸せに向かっているときがいちばん良い状態なのだ。

幸せについて改めて考えることなんて、
普段はないものだけれど、ちょっとした言葉から
考えてみたくなる瞬間がある。

  • 年  月から   年  月まで