リレーコラムについて

アイデアを通すためのアイデア (1)「日常」篇

國武秀典

電通西日本の板東さんからご指名をいただきました電通九州の國武です。
一週間よろしくお願いします。
広告クリエーターが避けて通れない「自分の可愛いアイデアを売るという行為(プレゼン)」。
「この企画どうやって通しているの?」部分というのは、クリエーターの個人技として、
企業秘密となってあまり語られることがなかったように思います。
実はとても肝心な部分です。
意外と盲点というか、なおざりにされている。
今回のコラムは、私なりに生み出した「アイデアを通すためのアイデア」と称して
5話シリーズにてご紹介していきたいと思います。

ある社内会議で。
営業部長Aさん、私の企画説明を一通り聞いて…
「いいねぇ、面白いねぇ。やりたいねーこの企画なんか…」
「この企画もいいけどさ、もう少し無難な企画っていうかオーソドックスな企画も出してよ」
「そう言えば、ここの社長さ●●●みたいなCM好きなんだって」
「それと一応タレント物も一案出しとこうよ」
「今回は競合プレだから…ゴメン、我慢して…ね、お願い(合掌)」
合掌されてしまったら何も言えません。
結局断りきれず、営業さんに寄り切られてしまう日々…
「ムムム…自分のやりたい企画が世に出せない。いったい何が原因なのか、
このまま御用聞きクリエーターで終わってしまうのか?オレ」
苦悩の日々が数年続きました…

明日は
アイデアを通すためのアイデア (2)「実感」篇について書いてみたいと思います。

  • 年  月から   年  月まで