リレーコラムについて

オシムCD

板東英樹

松山に来てからというもの、
CD+PL+C+(たまにAD/Dir)
みたいな立場での仕事が当たり前になりました。
CD・・・なんてサラリと書いてますが、
ふだん代理店CR1人状態で仕事してるから・・・
という意味でのクレジット上の飾りに過ぎません。

CDって、やっぱり広告本に書いてあるような
ベクトルを持ったコトバでチームの方向性を明らかにする・・・
というような役割を担える人だと思います。
そういった意味から言えば、オシム監督ってCDだと思います。
日本代表のおかれている状況や問題点を把握した上で、
「日本を日本化する。」という明確なコトバで方向性を示したし、
やろうとしているサッカーにもブレがないように感じます。

そんなオシムCDの足元にも遠く及ばない私ですが、
代理店CR1人状態という仕事環境のため、
スタッフのみんなにとっては“CD”でもあるわけです。
とりあえず自分ができることといったら、
どれだけ広告が好きで、ギラついているか知ってもらい、
自分のやりたいこと、目標を素直に口に出して共闘関係を築く・・・
ま、せいぜいそれくらいのもんです。
たまにビッグマウスだなんて言われますけど(笑)

そんなこんなで共闘関係を築いて、
いい企画を必死で考えてプレゼンするわけですが、
決定者に直接プレゼンできるという
地方ならではのメリットを数多く受ける中で、
企画を考えること以上に
通すことの重要性を改めて今、感じています。

どれだけ必死でいい企画を考えても、
私たちの仕事は世の中に出てナンボ、です。
それに、チームのみんなも密かに見ていると思うんです。
コイツはクライアントと対等に話せるCRかどうか?
どこまでクライアントと戦ってくれるCRかどうか?を。
私もプロダクションにいた経験があるから分かります。
やっぱり寝返り系・相槌系・納品第一系CRだったら・・・
そりゃ、モチベーションも落ちるってもんです。
だから必死でプレゼンです。
たとえ修正指示が出ても、それが正しいと思ったら
原型から大きく脱線しないよう粘ります。
そうしてはじめて、ま、一応ヤル気はあるみたいだし、
寝返らない代理店CRそうだし(笑)、
なんとなくコイツとだったら面白い仕事できるかも・・・なーんて、
スタッフのみんなから信頼の断片が得られるのかなと。
そんなこんなを考えながら、試行錯誤の日々を松山で送っとります。

一週間お付き合いいただき、ありがとうございました。
オシム監督(CD)の一日も早い回復を祈りつつ。

次週のコラムは、電通九州の國武秀典さんです。
「アイデアを通すためのアイデア」を真剣に考え、日々実践し、
面白い広告・効く広告を世に送り出している熱い方です。

それでは國武さん、よろしくお願いします!

NO
年月日
名前
5110 2021.05.13 河西智彦 65歳定年のヤバさ
5109 2021.04.30 斎藤武一郎 「祭りの後」のコンテクスト
5108 2021.04.29 斎藤武一郎 ビジョンは重要か?
5107 2021.04.28 斎藤武一郎 70点主義
5106 2021.04.27 斎藤武一郎 オジサン新人
  • 年  月から   年  月まで