リレーコラムについて

I love you.

永友鎬載

夏目漱石は、かつて英語の授業で
「I love you」をこう和訳したそうです。

「今夜は月がきれいですね」。

僕はこの話がとても好きです。
シチュエーションにもよりますが、
ただ「私はあなたを愛しています」というよりも
その相手の心に刺さると考えて、
漱石は上記の言葉を選んだのでしょう。

また、友人から聞いた話なので真偽はわかりませんが、
与謝野晶子は「死んでもいい」と訳したといいます。

それぞれ、夏目漱石らしい言葉であり、
与謝野晶子らしい言葉だと思います。

相手の心をつかむために、最適かつ自分らしい表現で何かを伝える。
実力も実績もほとんどないのであまり言えませんが、、
広告表現でも大切なことだなあとつくづく思います。

ひとつでもコラムを読んでくださった方、ありがとうございました。
特にメールを送ってくれたTCC同期の上田さん、村山さん、小藥、
中途入社同期の蛭田さん、パラドックス・クリエイティブの野澤と嫁の瑞季ちゃん、
ありがとうございました。すごく励みになりました。

さて、来週のコラムは、隣のデスクの越澤太郎さんに引き継ぎます。
去年TCC審査委員長賞、そして今年新人賞を受賞。かなりやりよる男です。

電通に入社したとき席が遠かったのですが、
緊張でガチガチだった僕に、気さくに話しかけてくれました。
常にたくさん仕事を抱えているようですが、
コラム、楽しみにしていますね。

それでは、よろしくお願いします!

  • 年  月から   年  月まで