リレーコラムについて

金沢、冬の男塾。

越澤太郎

僕は北陸・金沢で育ちました。
通っていたのは、兼六園の斜め向かいにあった小学校。
兼六園が雪化粧する頃、校庭では一年生が体育の授業で
一生懸命雪だるまをつくる。それが冬の風物詩でした。
校庭に誕生したたくさんのかわいらしい雪だるまを、
3階にある6年3組の教室から眺めながら、同級生の池田君が一言。
「男塾、やるか?」
仲間を連れ立って、あ、後藤とか西念とかもいたなぁ、
内履きのまま極寒の校庭へと駆け出す最上級生。
目的は一つ。ドロップキックで雪だるまを破壊すること。
これが異様にキモチイイのですが、足先の凍えるような寒さに
耐えることとのトレードオフな関係がありました。
プラスマイナス・ゼロ、でしょうか?
雪空の下、20分もやっていれば足先の感覚もなくなってきます。
それと、担任の藤森先生に怒られるんですね、やっぱり。
今考えると「マイナス」要素が多いなあ・・・
我慢して気持ちよさを追求するストイシズムが
「男塾」だったのかなあ・・・
田舎の小学生が面白がるのは、この程度のことかもしれません。

冬が来ると、雪を見ると、そんな風景を思い出します。
残念なことに温暖化の影響を受け、
金沢の積雪量はホントに減りました。
雪だるまをつくる小学生も、壊す小学生も、
今はほとんどいないのかもしれません。

永友君よりコラムを引き継ぎました、電通の越澤です。
稚拙ながら本日より書かせていただきます5日間のコラムは、
もうすぐパパになる親友・池田君へ贈ります。

  • 年  月から   年  月まで