リレーコラムについて

母上、いかがでしょうか

橋爪敬子

いきなり最終回です。
本当はこれの前に三話、アップしていました。
しかしそれが母の目にとまり・・・雷が落ちました。
怖かったです。
きっと森繁久弥も赤子のように泣き出す迫力だったと思います。
思い出すと目の前が真っ暗になりガタガタと震えがはじまり、親指をしゃぶりたくなります。
親指をしゃぶったまま後ろを振り返るとグラビアポーズを決めているかのような誤解をまねくので
注意をしなければなりません。

母いわく「女性としてはしたない、いかがわしい」内容だったようです。
事務局にお願いして削除していただきました。
佐藤志保さま、お手数をおかけしてすみませんでした。
しかも「大丈夫ですか、なにかあったら相談してね」という優しいお言葉・・・
拷問を受けてる最中に出会った天使のようでした。

軽率なわたくしは、ちょっとしたいたずらっこのようなピュアな気持ちで
といいましょうか・・・思春期の中学生男子のような気持ちで綴っておりました。
確かに・・・母は中学生男子の母ではないですものね。
それはそれは嘆かわしいことだったでしょう。心痛、お察しします。
でもね、母。
中学生男子ってエロいけど口ばっかりで、ハートはすっごいピュアなんだよ。
ってともちゃんも言ってたよ。
ってごめんなさい、許してください。

気づいたら
いま、母という読者を意識しまくって書いております。
不特定多数にむけているというのに関わらず、母ひとりにむけて書いているような感覚です。
いわば不特定多数の誰もかれもが母に思えます。
ネットの先の世界はイコール母です。
=母です。
同じことを書きました。

というわけで、改めましてはじめまして。マザコンの橋爪です。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

来週は中村直史くんです。
口からでる言葉すべてが流麗な落語のような、しかも二枚目です。
今週のふとどきな穴をきっとがっちり埋めてくださるはず・・・

というわけで、改めまして。マザコンの橋爪です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで