リレーコラムについて

足が震えた話

石川英嗣

いやあ、最後までくだらない話で通しそうだなぁ。
ホントなら、なぜ石川は電通を辞めてフリーの道を選んだのか、
とかのテーマで話をすべきところなんでしょうけど・・。
ブレーンとか、日経ブランディングとか、CMジャーナルとか
あちこちでしゃべり尽くしたから勘弁してくださいね、この話は。
3週間ほど前の話なんですが、電通の某役員に呼び出されまして、
電通との契約の話を詰めに行ったんですね。
事前に希望条件とか電通に出してあったので、その条件についての
交渉の場でした。正直、私足が震えたんです。恥ずかしながら。
大プレゼンでも、足が震えたことはないのになぁ・・。
話の種類が違うとこうも緊張するものですかねぇ。情けないっス。
交渉は完全なワンサイドゲーム。だって俺「はいっ」としか言えないんだもの。
交渉になりゃしない。赤子の手をひねるようなもんですよ。
一方的に、役員からこの条件でやってくれ、という話になって、
「はいっ」って言ったら、そこでゲームオーバーでしょ。
野球選手みたいに、やっぱ交渉人っているもんなんですね。
まあでも、電通には長い間世話になってきたし、世話になった会社を
揺する気も毛頭なかったから、いいんですけど。
ちょっぴり負け惜しみだけど・・。

来週は、橋爪敬子さんにバトンタッチします。

NO
年月日
名前
5696 2024.05.28 加部達彦 ネタがない
5695 2024.05.20 諸橋秀明 コピーライターの未来について
5694 2024.05.09 諸橋秀明 新しいは、あらたしい
5693 2024.05.07 諸橋秀明 君の名前で僕を呼んで
5692 2024.04.21 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@ヘラルボニー
  • 年  月から   年  月まで